楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】「APPLE ID サインインが要求されました」が表示される原因と対処法

【iPhone】「APPLE ID サインインが要求されました」が表示される原因と対処法
スポンサーリンク

今回はiPhoneやiPadの画面に「APPLE ID サインインが要求されました」といった通知が表示される原因、また表示されたあとにすべき対処法について解説します。通知が届いた際には「怖い」で終わらずに、状況に応じた適切な対処を施すことが大切です。

2ファクタ認証機能で届く確認コードの通知

App Storeなどの利用に必須となるApple IDでは、不正アクセス対策として「2ファクタ認証機能」が用意されています。

2ファクタ認証機能は、Apple IDでのサインインの最終認証時で作動し、Apple IDと関連付けられたデバイスに「APPLE ID サインインが要求されました」といった通知が届き、承諾したデバイスの画面に表示される確認コードを入力することでサインインが完了します。(いわゆる2段階認証)

Apple ID確認コード
2ファクタ認証がオンの場合、Apple IDのサインインには6桁の確認コードが必要。

サインインをしたけど場所が違う場合

Apple IDを使ってiCloudやAppleサポートなどにサインインしたものの、「APPLE ID サインインが要求されました」の使用場所が違う分には、それほど気にする必要はありません。

下記画像は実際に筆者がiCloudにサインインした時の通知ですが、実際には札幌市中央区からはサインインを試みておらず、使用場所の正確性はイマイチです。

Apple IDのサインイン要求

スポンサーリンク

サインインが要求された時点での状況

自身でApple IDを使ったサインインをしていないにも関わらず、iPhoneなどに「APPLE ID サインインが要求されました」と表示された場合は、第三者がApple IDとパスワードの認証を済ませ、最後に2ファクタ認証のステップまで進んでいることになります。

不正アクセス被害の1歩手前

突然「APPLE ID サインインが要求されました」が届いた場合、第三者がApple IDとパスワードの認証をクリアし、2ファクタ認証が設定されていなければ不正アクセス被害に遭っていたところまで進んでいる状況ということ。

パスワードの変更などの対処が必要

Apple IDに関しては、2ファクタ認証によって不正アクセスされるリスクは低いものの、既にApple IDとパスワードが第三者に漏れているのでパスワードだけは必ず変更するようにしてください。

またApple IDで使用しているパスワードを他のウェブサービス(通販やSNSなど)でも使いまわしている場合は、該当アカウントのパスワードの変更と不正アクセス被害有無の確認をするようにしてください。

Apple IDのパスワードを変更する

Apple IDのパスワードは次の手順で変更することができます。

  1. 設定を開く
  2. Apple IDをタップ
  3. パスワードとセキュリティをタップ
  4. パスワードの変更をタップ
  5. デバイスのパスコードを入力
  6. Apple IDの新しいパスワードを入力して変更をタップ

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top