楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS 12.3のApple TVアプリはNetflixやAmazon Prime Videoなどの利用者にも配慮

スポンサーリンク

iOS 12.3で追加されたApple TVアプリ(旧ビデオアプリ)では、Appleが配信している映画やドラマの購入・レンタルなどができますが、作品がNetflixやAmazon Prime Videoなどで見放題として配信されている場合は、Apple TV App内からスムーズにサードパーティーのアプリの配信画面にアクセスできます。

購入やレンタルしか行っていない作品(見放題未対応)

Apple TV App(旧ビデオアプリ)で作品の配信画面を開くと、NetflixやAmazon Prime Videoなど、その他の動画配信サービスで見放題として配信されていない場合は購入ボタンレンタルボタンが表示されます。

スポンサーリンク

タイトル下にNetflixやAmazon Prime Videoの表示(見放題対応)

一方で、NetflixやAmazon Prime Videoなど、動画配信サービスで見放題として配信されており且つアプリをインストール済みの場合は、作品タイトル下に動画配信サービスの名前が表示され再生ボタンをタップすると対応アプリが開く仕組みになっています。

購入ボタンが表示されない場合は、視聴方法セクションから購入が可能。

これにより二重決済「Netflixで配信されているのに有料レンタルしてしまった」のような事故を防げるので、ユーザー目線ではありがたい仕様です。

再生するサービスを選べる「ほかのAppで開く」(見放題対応)

また作品がNetflixもしくはAmazon Prime Videoなど2つ以上のサービスで配信されている場合は、購入ボタンの下にほかのAppで開くが表示され、作品を再生するサービスを自由に選択することができます。

※ 見放題として配信されているものの、対応アプリをインストールしていない場合も同様のボタンが表示されます。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top