楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】AirDrop勧誘や宣伝など、AirDrop痴漢に続く新たな問題

スポンサーリンク

iPhoneで写真や書類を共有できる機能「AirDrop」を悪用した、AirDrop痴漢が問題視されていますが、最近ではAirDropを使った宗教の勧誘、キャッチ、情報商材などの宣伝が送られてくる場合があるようです。

AirDropを悪用した痴漢行為が問題視

iPhoneなどのAirDrop機能は、近くにあるほかのApple製デバイスに対して写真や書類などを送信、共有することができる機能です。

メールアドレスなどを交換せずとも写真などを共有できる便利な機能ですが、受信範囲が「すべての人」になっている場合、他人から突然写真などが共有される場合があり、無作為に不適切な写真を送りつける行為「AirDrop痴漢」の被害も相次ぎました。

関連記事【iPhone】AirDrop痴漢を名前の変更や受信範囲制限で防ぐ正しい対策方法

スポンサーリンク

AirDropを使った勧誘、キャッチ、宣伝など

最近ではAirDrop痴漢だけでは無く、AirDropを使った宗教の勧誘、飲食店などのキャッチ、情報商材の宣伝などに使われるケースが増加しています。

またTwitterでは、実際に「AirDropで宗教勧誘された」「怪しい宣伝をされた」などの声も目立ちます。

もしこういった宣伝がAirDropで届いた場合でも、宣伝の内容を鵜呑みにせず辞退をタップし閉じた方が安全です。

AirDropの受信範囲を変更して対策

AirDropを悪用した痴漢・勧誘・宣伝を防ぐ方法として、Wi-FiやBluetoothをオフにする方も見受けられますが、AirDropを悪用した痴漢・勧誘・宣伝はAirDropの受信範囲を制限するだけで簡単に防ぐことができます。

  1. 設定を開いて一般をタップ
  2. AirDropをタップ
  3. 受信しないもしくは連絡先のみをタップ

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top