楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS8.1&OSX Yosemite】Instant HotspotでiPhoneがWi-Fiの一覧に表示されない時の対処方法

今回はInstant Hotspotで、iPhoneがWi-Fiの一覧に表示されず使えない時の対処方法を解説します。
Instant Hotspotは、iPhoneのテザリング共有設定を触る事無く、Appleデバイス(iPadやMac等)をテザリング接続が出来る新機能です。
iOS8.1からは、Mac(OSX Yosemite)も正式対応となりました。
但しInstant Hotspotには複数の条件があり、どれか1つでも成立しない場合だとWi-Fi一覧に自分の端末が表示されません。
また条件を満たしていてもWi-Fiの一覧にiPhoneが表示されない場合があるので、こういった場合は一手間加える必要があります。(私の場合はコレが原因でした)

正しく設定されていると、以下のように表示されます。

Instant Hotspotを使う条件

目次
その1 対応機種
その2 対応OS
その3 Wi-Fiをオンにする
その4 Bluetoothをオンにする
その5 共通のAppleIDを使用する
その6 MacでiPhoneをペアリング
もし条件を満たしてもWi-Fi一覧にiPhoneが表示されない場合は..

その1 対応機種

そもそもテザリング元として使用する端末と、テザリングを使う端末の双方がInstant Hotspotに対応している必要があります。
対応機種は以下のようになっています。

モバイル
  • iPhone 5 以降
  • iPad(第4世代)
  • iPad Air
  • iPad mini
  • iPad mini Retina ディスプレイモデル
  • iPod touch(第5世代)
Mac
  • Mac Pro (Late 2013)以降
  • iMac (Late 2012)以降
  • Mac mini (Mid 2012)以降
  • MacBook Pro (Mid 2012)以降
  • MacBook Air (Mid 2012)以降

その2 対応OS

Instant Hotspotは、iOS8.0.X系でも使えましたが、iOS8.1.X系から正式対応となっています。
正式対応されてからはiPhoneのロックを解除せずとも、テザリング接続が可能になっています。
また、MacはOSX Yosemiteから対応となっています。

スポンサーリンク

その3 Wi-Fiをオンにする

双方のデバイスのWi-Fiをオンにする必要があります。
Mac:システム環境設定 → ネットワーク → Wi-Fi
iPhone/iPad:設定 → Wi-Fi → Bluetooth

その4 Bluetoothをオンにする

双方のデバイスのBluetoothをオンにする必要があります。
Mac:システム環境設定 → Bluetooth
iPhone/iPad:設定 → Bluetooth

その5 共通のAppleIDを使用する

Mac:システム環境設定 → iCloud
iPhone:設定 → iCloud

その6 MacでiPhoneをペアリング

iPhoneの設定からBluetoothをタップ。

Macのシステム環境のBluetoothからデバイス横のペアリングをクリック。

ペアリングコードが表示されるので、この状態のままiPhoneの操作に戻ります。

Macに表示されたペアリングコードと一致している事を確認し、iPhoneでペアリングをタップ。

以上でペアリング完了です。

もし条件を満たしてもWi-Fi一覧にiPhoneが表示されない場合は..

Bluetooth、Wi-Fiを一度オフにして再度オンにし、一度iPhoneのペアリングを解除して「その6」の手順を再度行って下さい。

つぶやき


私の場合は一度ペアリングを削除してから再ペアリングする事で、正常に使えるようになりました。
iPhoneをロックしていてもMacの操作だけでテザリングが出来ます。
出先でMacを使う時はiPhoneをポケットや鞄にしまっていても、スムーズにネットワークに接続出来ますよ。
かなり便利ですが、月の通信速度制限には気をつけましょう!

コメント(承認制)

*

Return Top