楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone&PC】充電忘れはiBetterChargeで解決!

パソコンで仕事をしていると、iPhoneのバッテリー残量の確認って疎かになりますよね。
仕事を終え、パソコンの電源を消した後に、iPhoneをチェックすると残量30%!なんてことも。
今回はパソコンで、iPhoneのバッテリー残量を通知するアプリ「iBetterCharge」をご紹介します。
iBetterChargeはMac版Windows版がありますが、当記事はMac版で説明します。
※ Mac版とWindows版は、基本的なインストール等の操作以外、違いは殆どありません。

iBetterChargeの使い方

iBetterChargeのサイトからアプリをダウンロードします。

Download for Macをクリック。

iBetterChargeをアプリケーションにドラッグ&ドロップ。

アプリケーションフォルダに置いたiBetterChargeを右クリックし、開くをクリック。

ダイアログが表示されるので、開くをクリック。

iPhoneとPCをLightningケーブルで接続し、Startをクリック。

自身のiPhoneの名前が表示されるので、Click to Startをクリック。以上でインストール完了です。

タスクバーに同じネットワーク環境下にiPhoneがある場合、残量が表示されます。
細かい設定が出来るので、Preferencesをクリック。

Low Powerのメーターを左右に動かすと、通知する残量を変更する事が出来ます。
Fully Chargedの項目にチェックを入れると、iPhoneの充電が100%になった段階で通知されます。
過充電防止におすすめです!

通知条件を満たすと、画像のような通知が表示されます。

スポンサーリンク

充電忘れがちな方に

私もデスクワークをしていると、iPhoneのバッテリー残量を忘れてしまい、出先で悲惨な事になる場合も多々あります。
iBetterChargeを導入しておくことで、iPhoneの充電忘れを防ぐことが出来るので、緊急用の外部バッテリーに頼る機会も減りそうです。
「PCとiPhone両方持っている方には必須!」とお勧めできるレベルの便利なアプリなので是非インストールして下さいね。

参考:アップス!

著者情報

Ryo
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合や障害情報、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」の著者。iPhone 4の頃からiOSテクニック、不具合の対処法を中心に記事を書いてます。

運営ポリシーは、不具合の原因や対処に役立つ情報を一つでも多く集め、一人でも多くの人に役立てて貰える記事を公開すること。

コメント(承認制)

*

Return Top