楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS8 & OSX Yosemite】Handoff機能が使えない時に確認したいMacとiPhoneの設定

iOS8とOSX Yosemiteの新機能として使えるようになった「Handoff」がうまく動作しない場合に確認したい、MacとiPhoneの設定を解説します。

そもそもHandoffって何?

Handoffを使うと、iPhoneで行っている作業をMacに引き継ぐ事ができます。
使い方も非常にシンプルで、iPhoneでメールの作成画面を開くと、MacのDockにiPhoneアイコンのついたメールアイコンが現れるので、クリックするだけで作業を引き継ぐ事が出来ます。

HandOffを使うための設定

Mac側

Bluetoothをオンにする

システム環境設定 → Bluetoothから、Bluetoothをオンにする。

Handoffをオンにする

システム環境設定 → 一般から、このMacとiCloudデバイス〜をオンにする。

スポンサーリンク

iPhoneをペアリングする

システム環境設定 → BluetoothからiPhoneのペアリングをクリックする。

ペアリングコードを表示される。

ペアリング要求の「ペアリング」をタップ。

iPhone側

Wi-Fiをオンにする

設定 → Wi-FiからWi-Fiをオンにする。

Bluetoothをオンにする

設定 → BluetoothからBluetoothをオンにする。

Handoffをオンにする

設定 → 一般 → Handoffと候補のApp → Handoffをオンにする。

つぶやき


iPhoneのWi-Fiがオフの状態でもMacのDockアイコンに引き継ぎアイコンは表示されるのですが、メールの場合だと本文をうまく読み込めませんでした。
Handoffを使うための条件が意外と多いので、もしうまく連携出来ない時は紹介した項目を今一度チェックしてみてくださいね。

コメント(承認制)

*

Return Top