楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS8.3】iPhoneのメールアプリで2段階認証済みのGmailを使う方法

今回はiPhone(iOS8.3)で2段階認証済みのGmailを使う方法を解説します。
以前まではアプリ固有のパスワードを発行して、メール設定のパスワード欄に入力する必要がありましたが、iOS8.3からはGoogleの2段階認証に対応した為、アプリ固有のパスワードの発行は不要になりました。
なお、Macの標準OSであるOS Xでは、10.10.3からGoogle2段階認証に対応しています。

メールアプリにGmailを登録する

前半部分の操作が状況によって異なります。
ケース1とケース2のどちらか当てはまる方の手順を参考にしてください。

ケース1.新しくGmailを2段階認証して追加する場合

2段階認証を設定したGmailを新しくメールアカウントとして新規追加するケースです。

「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」をタップ。

「アカウントを追加」をタップ。

「Google」をタップ。

共通操作 へ進む。

スポンサーリンク

ケース2.既に追加されているGmailを2段階認証する

元々2段階認証未登録のGmailをメールアプリで使用されていて、途中から2段階認証を有効化した場合のケースです。

「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」をタップ。

2段階認証を適用したGmailアカウントをタップ。

「パスワードを再入力」をタップ。
※ パスワードを再入力が表示されていない場合は、一度メールアプリで該当のGmailを開いて受信等の操作を行い、数秒〜数十秒後に表示される「ログインが出来ません。設定より再ログイン〜」の後に、メール設定画面を再度確認してください。

共通操作 へ進む。

共通操作

メールアプリ内でGoogleアカウントでログインをする。

2段階認証のコードを入力して「確認」をタップ。

「承認する」をタップ。

これでメールアプリからGmailを直接確認が出来るようになります。

つぶやき


2段階認証は乗っ取りの最後の砦です。
もし未だ設定をされていないのであれば、以下の記事を参考に設定してみてくださいね。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top