楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】正しい消毒方法がサポート記事に追記、日本ではメガネ拭きクリーナーが代用品に?

AppleがiPhoneなどのApple製品のお手入れ方法を説明したサポートページ、「iPhoneのお手入れをする」と「Apple製品のお手入れ方法」にアルコール消毒剤を含ませたワイプ等による除菌方法を追記したことが明らかになりました。

イソプロピルアルコールを含有するワイプでの消毒を推奨

AppleはiPhoneなどのApple製品のお手入れ方法について解説するサポートページ(1/2)に、Apple製品の正しい除菌方法として以下の案内を追記しました。

iPhone のお手入れに消毒剤を使っても大丈夫ですか?
70%イソプロピルアルコール含有ワイプやクロロックス除菌ワイプ (Clorox Disinfecting Wipes) を使い、iPhone の外表面を優しく拭き取る分にはかまいません。漂白剤 (ブリーチ) は使わないでください。開口部に湿気や水分が入り込まないようにご注意ください。また、洗剤類の中に iPhone を浸さないでください。

除菌方法としてAppleは「70%イソプロピルアルコールを含有したワイプ」の使用を推奨しており、外表面を“優しく拭き取る”ことは可能としています。

ただし、消毒時に注意すべき事項として、漂白剤(ブリーチ)の使用は控えること、水分や湿気が開口部に侵入しないようにすること、洗剤類に浸さないことなどが挙げられており、昨今の消毒液不足から漂白剤を薄めて消毒液を作る方も増えていますが、こちらをiPhoneに使用するのは控えたほうが良いかと思います。


スポンサーリンク

日本ではメガネ拭きクリーナーが代用品になりそう

クロロックス除菌ワイプは海外製品のため国内では入手困難ですが、日本では一般的なメガネ拭きクリーナーにイソプロピルアルコールを含有するものが多いので、こちらのシートタイプを代用できるかと思います。

クロロックス除菌ワイプはAmazonで輸入品を購入できるものの、現在は価格が高騰。

ただし、メガネ拭きクリーナーの中には界面活性などその他成分を含むものもあるので、購入前に必ず成分を確認するようにしてください。

※ 上記は小林製薬が販売しているメガネクリーナーですが、こちらもイソプロピルアルコールを含有しています。(含有量に関しては公式サイトでも確認できず)

iPhoneのお手入れ方法は機種ごと若干異なる

iPhoneのお手入れ方法は機種によって若干異なり、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの場合はお手入れ時にケーブル類の取り外し、電源オフなどが推奨されています。

  • ケーブル類をすべて取り外して、iPhone の電源を切ります。
  • 糸くずの出ない柔らかい布 (レンズクロスなど) を少し湿らせて使います。
  • それでも素材が取れない場合は、糸くずの出ない柔らかい布を温かい石鹸水に浸して使います。
  • 開口部に湿気が入り込まないように注意してください。
  • 洗浄用品やエアダスターは使わないでください。

iPhone には耐指紋性撥油コーティングが施されています。洗浄用品や研磨剤を使うと、コーティングがはがれ、細かい傷が付くおそれがあります。

引用:Apple

その他のiPhoneについては、Appleのサポートページ「iPhone のお手入れをする」に詳しく手順が記載されているので、そちらを参考にしてください。

またApple WatchやMacbookなどのその他Apple製品のお手入れ方法に関しては「Apple製品のお手入れ方法」に手順が記載されています。

関連記事【Amazon】プライムビデオでポケモンや妖怪ウォッチなどの一部キッズコンテンツが無料公開

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。

理想は「誰が読んでも悩みを解決できる記事」を書き上げることですが、不具合等の対処法をお伝えする記事では、確定的な解決方法をお伝えすることが難しい場合もあります。そういった際は「可能な限り解決の糸口に繋がる情報を凝縮した記事」をお伝えできればと思います。

コメント(承認制)

*

Return Top