楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】画面を拭く事に使ってはいけない3つの身近な物

皆さんはiPhoneの画面を何で拭いていますか?
画面に指紋等の汚れが目立ってくると、拭きたくなりますよね。
今回はiPhoneに画面を拭くことに使ってはいけない3つの物を紹介します。
もしかすると悪化させるような物で拭いているかも?

拭いてはいけない3つの物

ティッシュ

何かと手元にあるティッシュ。
ティッシュでiPhoneの画面を拭いてしまうと、汚れを伸ばしてしまいます。
特に皮脂汚れが目立つ時に拭いてしまうと、画面全体に汚れを広げてしまう事もあります。
綺麗になった!と感じるかもしれませんが、皮脂汚れを画面全体に均等に薄く伸ばすので、綺麗に感じてしまいます。

スポンサーリンク

ウェットティッシュ

皮脂汚れを取り除く事は出来るのですが、ウェットティッシュには水分が多く含まれる為、画面のベタつきや拭き後の元になります。
ベタついて滑りが悪くなってしまうと、フリック操作で指が引っかかるようになる場合があります。

目の粗い布等

ハンカチや布巾で画面を拭いてしまうと、画面の傷の原因になる場合もありますし、拭いた後に糸くずが付着する場合があります。
皮脂汚れを綺麗に取り除けても、画面に細かい傷を付けてしまっては逆効果です。

何で拭けばいいの?

画面を拭くのには、眼鏡拭きや画面専用のクリーナーを使用する事をお勧めします。
汚れも綺麗に取り除く事ができますし、傷の心配もありません。
私は、PCやiPhoneの画面にELECOMさんのクリーニングクロスを使用しています。

正しい画面のお手入れ方法でiPhoneを長く使用していきたいですね。

著者情報

Ryo
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合や障害情報、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」の著者。iPhone 4の頃からiOSテクニック、不具合の対処法を中心に記事を書いてます。

運営ポリシーは、不具合の原因や対処に役立つ情報を一つでも多く集め、一人でも多くの人に役立てて貰える記事を公開すること。

コメント(承認制)

*

Return Top