楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】カレンダーに天気予報を表示する方法

今回は標準カレンダーアプリに今日、明日、週間の天気予報を表示する方法をご紹介します。
一度設定すると自動で更新される為、天気予報のチェックはカレンダーアプリを起動するだけで、確認する事ができるようになります。

カレンダーに天気予報を表示する方法

事前準備

天気予報の情報を追加する為には1つ必要なアプリがあります。
こちらのGoogleChromeアプリをインストールしておいてください。

Chrome
カテゴリ: ユーティリティ
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
AppStoreからダウンロード

スポンサーリンク

天気予報の追加

Chromeでlivedoorの天気予報ページhttp://weather.livedoor.com/weather_hacks/icalを開き、メニューボタンをタップ

PC版サイトをリクエストをタップ

天気予報として追加したい地域のweb cal方式をタップ

紹介をタップ

イベント表示をタップして確認!

終日設定で天気予報が追加されています。

イベントの詳細には細かい情報と天気予報WEBページのリンクが表示されています。

天気予報の削除方法

引越や長期出張で天気予報の地域を変更したい場合は、設定済みの天気予報データを削除しましょう。
設定→メール/連絡先/カレンダー→照会したカレンダー→該当の地域のカレンダーをタップ

アカウントを削除をタップ

再度アカウントを削除をタップ

簡単で便利!

カレンダーに天気予報を表示させれば、外出の予定と天気予報を一度に確認する事ができます。
カレンダーアプリを起動して予定を確認し、天気予報アプリを起動して天気を確認・・なんて面倒な手順が省略!
凄い便利な設定なので、是非試してみてくださいね。

コメント(承認制)

*

Return Top