楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】テザリングをするならBluetoothが一番お勧めの理由

iPhoneにはネットワーク回線を共有する「テザリング機能」が備え付いています。
外出先でノートPCやWi-FiモデルのiPadをネットワークに接続する際に、凄い便利な機能です。
今回はこのテザリングの接続方法についてご紹介します。

接続方法

テザリングの接続方法として「USB」「Wi-Fi」「Bluetooth」の3つが用意されています。
この中のBluetoothでの接続が一番お勧めです。

Bluetoothを勧める理由

操作が簡単

Wi-Fi経由での接続だと、パスワードの入力が煩わしく意外と面倒です。
Bluetooth接続ならパスワードの入力も省略する事が出来ます。

スポンサーリンク

バッテリー

Wi-fi経由のテザリングよりもBluetooth経由でのテザリングの方が、バッテリーの節約になります。
数時間テザリングを使いたい場合にWi-Fi経由でテザリングしてしまうと、すぐにバッテリー切れになってしまいます。

USBの接続、取り外しが面倒

USB接続はデータ通信速度も速く便利かもしれません。
ですが、有線ケーブルを持ち運びする点や接続する必要がある為少々面倒です。
USBポートの無い機器(iPad等)をテザリングしようとすると、この方法は使用する事が出来ません。

Bluetoothでテザリングする方法

今回はiPhone(テザリング元) ⇔ Mac(テザリングに接続する) を例にテザリング方法を解説します。

設定 → インターネット共有をオンにする

Bluetoothをオンにして、この画面のままテザリングに接続する端末を操作する事になります。

※ ここからはMAC側の操作になります。
iPadをテザリングに接続する場合は、設定 → Bluetoothをオンにして、デバイス部分に表示されているテザリング元のiPhoneをタップして、テザリング元のiPhoneに表示されるペアリングの確認を許可してください。

メニューバーのBluetoothアイコンをクリック。

Bluetooth環境設定を開く..をクリック。

表示されているテザリング元のiPhoneの「ペアリングボタン」をクリック。

テザリング元のiPhoneに、ペアリングの要求が表示されるので、「ペアリング」をタップ。

Bluetoothの環境設定画面でペアリング元のiPhoneが未接続となれば設定完了です。
これらの設定は初回のみになります。

メニューバーのBluetoothアイコンをクリックし、テザリング元のiPhoneのメニューを開く。

ネットワークへ接続をクリックで完了です。

テザリング接続中は、テザリング元のiPhoneに以下のように「接続中」と表示されます。

外出先ではBluetoothテザリング!

外出先でiPhoneのバッテリーが切れてしまうと不便ですよね。
長時間テザリングを使用する際は、Bluetooth接続が一番お勧めです。

コメント(承認制)

*

Return Top