楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS7】iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法のまとめ

iOS7にアップデートするとバッテリーの消費が早まったと体感している方も多いと思います。
今回はiOS7でバッテリーの消費を抑える設定をまとめてみました。
ただ、最小限の設定にしてしまうとiOS7やiPhoneらしさを失う点も出てくるので、自身の必要に応じて設定をするようにしてください。

位置情報サービス


設定 → プライバシー → 位置情報サービス → 位置情報サービスをオフにするか、不要なアプリはオフにする

通知センター


設定 → 通知センターで不要な情報やアプリの通知をオフにする

メールの設定


設定 → メール/連絡先/カレンダー → データの取得方法 → プッシュをオフにして、メールアカウントをフェッチにする。


フェッチを手動にする

メールのアカウント


設定 → メール/連絡先/カレンダー → 任意のアカウントをタップ
iPhoneで受信しなくても良いようなメールアカウントはオフもしくは、削除する。

Wi-Fi


設定 → Wi-Fi → Wi-Fiをオフにする
使用する時のみオンにする事をオススメします!

Bluetooth


設定 → Bluetooth → Bluetoothをオフにする
使用する時のみオンにする事をオススメします!

圏外時


設定 → 機内モードをオンにする

壁紙


設定 → 壁紙/明るさ → 明るさの自動調整をオフにする
明るさが暗ければ暗いほどバッテリーの消耗を抑える事ができます。

スポンサーリンク

ミュージック


設定 → ミュージック → イコライザ → オフにする
音楽再生時にイコライザを使用するとバッテリーの消耗が早まります。

ロック


設定 → 一般 → 自動ロック → 1分
iPhoneを使用しない際に自動で即ロックが掛かればバッテリーの消耗を抑える事ができます。

視差効果


設定 → 一般 → アクセシビリティ → 視差効果を減らすをオンにする

コントラスト


設定 → 一般 → アクセシビリティ → コントラストを上げる

アプリの更新


設定 → 一般 → Appのバックグラウンド更新 → Appのバックグラウンド更新をオフにする
iOS7では別のアプリを使用している際に、バックグラウンドで起動しているアプリがデータ自動更新されるようになりました。
不必要な更新をしている可能性もあるので、リアルタイム性が不要なアプリはオフにする事をオススメします。

AirDrop


画面下から上にスワイプしてコントロールセンターを開く → Airdropをタップ → オフをタップ
使用する時のみオンにする事をオススメします!

AppStore


設定 → iTunes & AppStore → 自動ダウンロード項の3つをオフにする
バックグラウンドで発生している、通信量を減らすことでバッテリーの消耗を抑える事ができます。

Spotlight検索


設定 → 一般 → Spotlight検索 → 不要な検索対象のチェックを外す
もしSpotlight検索自体使用しない場合は、全てのチェックを外してしまいましょう。


設定 → サウンド → ロック時の音とキーボードのクリックをオフ
効果音の再生を抑える事でバッテリーの消耗を抑える事ができます。

コメント(承認制)

*

Return Top