楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】特定の文字列でクラッシュする問題の詳細と対策方法

iPhoneのメッセージアプリで特定の文字列を送信すると、クラッシュ(強制再起動、フリーズ)する問題が見つかりました。
場合によってはメッセージアプリが開けなくなる場合もあるようなので、今後SNS(LINEやTwitter)でコピペ文章が回ってきても、安易にコピーして送信等はしないようにしましょう。

「特定の文字列」

今回問題になっているのは、Unicodeのアラビア文字で作られた以下の文字列です。
コピー防止の為、画像での公開になります。

また、一部改変する事で送信先のiPhoneをフリーズさせる事も確認できました。

完全にフリーズした場合は、スリープボタンとホームボタンの長押しするリセットで解消できました。

Unicodeについては、様々なアプリや端末でバグを引き起こす事が非常に多く、過去にはLINEでもUnicodeを悪用した迷惑行為がありました。

クラッシュしないようにする対策方法

今クラッシュをしないようにするにはメッセージアプリの通知設定をオフにする事で解決できます。

「設定」→「通知」の順にタップ。

「メッセージ」をタップ。

通知の設定を以下のように変更する。

  • ロック画面に表示:オフ
  • 通知スタイル:なし
  • プレビューで表示:オフ

スポンサーリンク

万が一メッセージアプリが開けなくなった時の対処方法

万が一メールアプリが開けなくなった場合は、メッセージを1度受信すると解消するようです。
友人に頼んでも良いのですが、面倒であれば以下の方法で自分から自分にメッセージの送信ができます。

写真アプリで任意の写真を開き、左下の共有ボタンをタップ。

メッセージをタップして、自分のメールアドレスにメッセージを送信する。

つぶやき


Appleは既にこのバグに向けてのアップデートを準備中とのことです。
恐らく近々配信されるiOSアップデートで解消する物だと思われます。
当記事ではUnicodeの文は画像で掲載していますが、恐らく原文のまま公開されている方もいると思います。
例え原文を見つけたとしても、安易な気持ちで誰かに送りつけないようにしましょう。

参考:9ToMac

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top