楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iOS8.2でインストールされるAppleWatchアプリを削除する方法

iOS8.2では、iPhoneとAppleWatchを繋げる為のAppleWatchアプリが自動でインストールされます。
AppleWatchに興味が無いのであれば、削除したいアプリの1つだと思います。
このアプリは標準アプリになっているので、通常の方法では削除する事が出来ません。
ですが、iOS8.1.3の頃から使える「標準アプリを一時的に削除する方法」を使えば、AppleWatchアプリを一時的に削除する事が出来ます。
早速手順を解説します。

標準アプリになったAppleWatchを削除する方法

この方法はAppleWatchアプリを完全には削除出来ません。
iPhoneを再起動するとAppleWatchアプリが復活します。

今回は4ページ目に置いたAppleWatchアプリを一時的に削除します。

ホーム画面の1ページをアプリで埋める。

AppleWatchアプリを長押しして、編集モードにする。

AppleWatchアプリをアプリで埋めたページの任意のアプリに重ねる。

フォルダが作られたら指を離さずに、そのままAppleWatchアプリを外にドラッグしてフォルダを閉じる。

AppleWatchアプリをDockでドロップ(指を離す)

するとAppleWatchアプリが消えます。

先程まであった4ページ目が消えてる事から、AppleWatchアプリが一時的に削除された事がわかります。

videosdebarraquito氏によって動画も公開されています。

スポンサーリンク

つぶやき


完全な削除ではありませんが再起動しない限りは表示されません。
AppleWatch以外の標準アプリもこの方法で一時的に削除する事が可能です。
もし気が変わってAppleWatchを購入した時は、再起動すれば問題ありません。

参考:redmondpie

コメント(承認制)

*

Return Top