楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Snapchat】iPhoneで登録手順を解説 名前は本名を登録するの?など

スポンサーリンク

今回は写真共有アプリ「Snapchat(スナップチャット、スナチャ)」の登録方法を詳しく解説します。登録時に入力が求められる名前に本名もしくは偽名のどちらを入力すべきなのか、携帯電話番号を使わずにメールアドレスで認証する方法などについても解説します。(iPhone版Snapchatアプリ使用)

Snapchatのダウンロードと登録を進める

SnapchatはiPhoneとAndroid向けにアプリがリリースされており、以下のリンクよりダウンロードすることができます。

Snapchatアプリを起動して登録をタップし、通知許可の設定「Snapchatは通知を送信します。よろしいですか?」が表示されたら、許可しないもしくは許可をタップしてください。

Snapchatに名前を登録する

Snapchatのフレンド検索結果画面などに表示される名前をローマ字(例:TAROなど)で入力してください。

補足:名前の登録は本名と偽名のどちらが良いのか

SNSに本名(姓名)を登録することに抵抗がある方も多いかと思いますが、Snapchatに関しては登録時の名前は偽名でも問題は無さそうです。

アプリ内で「フレンドにあなただとわかる名前を選んでください」と説明されているように、あくまで友だちから見てわかれば良い情報(表示名)に過ぎず何度も変更ができる仕様であること、また執筆時点での利用規約では名前の正誤性について言及されていないようです。

生年月日を入力する

名前の入力後は生年月日の入力が要求されます。生年月日は誕生日にユーザーID横にケーキのアイコンを表示したり、フレンドに誕生日であることを知らせる目的などに使われます。

補足:Snapchatの年齢制限と変更回数の制限に注意

自身の誕生日を登録することに不安を感じるのであれば、適当な生年月日を入力しても問題ありませんが、生年月日の変更回数は限られているので注意してください。

また13歳未満の場合、利用規約でSnapchatの利用が禁止されているので登録を控えるようにしてください。(適当な生年月日を入力する場合、13歳未満の生年月日を入力すると登録できません)

スポンサーリンク

ユーザーIDとパスワードの設定

Snapchatを利用するためのユーザーIDとパスワードの設定を進めてください。ここで入力する情報はSnapchatでログインする時などに必要になります。

電話番号もしくはメールアドレスを入力する

Snapchatを利用する場合、携帯電話番号もしくはメールアドレスの登録が必要になります。最初は携帯電話番号の入力画面が表示されますが、メールアドレスで登録するをタップすると、メールアドレスでの認証に切り替えることができます。

連絡先アップロードの許可・不許可を設定する

電話番号もしくはメールアドレスの入力を済ませると、フレンド検索画面が表示され連絡先へのアクセスが要求されます。

連絡先はSnapchatサーバーにアップロードされ、連絡先経由でSnapchatでもフレンドになれますが、もし不要であれば許可しないをタップしても構いません。

「OK」をタップすると連絡先がサーバーにアップロードされます。不安に感じるのであれば「許可しない」をタップ。

カメラとマイクへのアクセス許可

Snapchatではカメラで写真や動画の撮影ができるため、初回起動時のみ「カメラ」と「マイク」へのアクセスが要求されます。もしSNSで話題になっているフィルター機能を搭載したカメラ機能で遊びたいだけであれば、マイクのアクセスのみ許可しないを選択しても良いかと思います。

携帯電話番号もしくはメールアドレスを認証する

Snapchat登録時に入力した携帯電話番号もしくはメールアドレスは、アプリ内で認証する必要があります。

Snapchat画面左上のプロフィールボタン歯車ボタン(設定)携帯電話番号もしくはメールアドレスをタップして認証を進めてください。

認証メールの受信と認証方法

Snapchatをメールアドレスで登録した場合、メールを認証するをタップするとTeam Snapchatから「メールアドレスの確認」といったメールが届くので、文中のリンクメールを確認をタップすると認証が完了します。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top