楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【LINE】ポイントクイズ「桜クイズ」の答え 川沿いに桜が多いのはなぜ?など

スポンサーリンク

2018年3月29日から4月9日10:59までの間、LINEポイント(旧フリーコイン)でクイズ「桜クイズ」が実施されています。

問題は『桜の花がデザインされている硬貨はどれじゃ?』など、桜の知識に関するクイズになっています。

注意事項(必読)
※ 全問正解”3ポイント”が貰えるキャンペーン(配布は4月中旬頃予定)となっています。
※ 問題の解答は十分に調査した上で掲載していますが、万が一解答に誤りがあった場合、当ブログは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
※ 解説を読み、納得した場合に限り回答を進めてください。
※ クイズ実施期間については、状況によって早期終了する場合があります。
※ 選択肢の順序はユーザーによって異なる場合があります。

桜の花がデザインされている硬貨はどれじゃ?

A.10円
B.50円
C.100円

答えと解説

答えは「C.100円」です。

Wikipediaで現行100円硬貨が流通した際の素材や図柄変更について説明されています。

1967年(昭和42年):現行100円硬貨流通開始(素材が銀→白銅へ、図柄も桜の花三輪へと変更)。

引用:Wikipedia(日本の硬貨)

桜は何科の植物じゃ?

A.サクラ科
B.バラ科
C.ツバキ科

答えと解説

答えは「B.バラ科」です。

サクラ(桜)は、バラ科モモ亜科スモモ属(サクラ属)[1](Prunus, Cerasus) の落葉樹の総称。

引用:Wikipedia(サクラ)

スポンサーリンク

川沿いに桜が多いのはなぜじゃ?(江戸時代に遡る話じゃ)

A.川沿いの地盤をしっかり固めるため
B.地域住民のいこいの場だったため
C.川沿いの景観を美しくするため

答えと解説

この問題の答えが難しく、「A.川沿いの地盤をしっかり固めるため」「C.川沿いの景観を美しくするため」のどちらも考えられます。

気象情報を報じるウェザーニュースは次のように川沿いの地盤をしっかり固めるためと説明しています。

川に沿ってどこまでも続く桜並木は圧巻ですが、そもそもなぜ川沿いに多いのでしょう。
江戸時代の頃は、大雨が降ると川が氾濫しやすく、土手が決壊することもしばしば。
(中略)
土手に桜を植えれば、毎年多くの人が花見に訪れて、自然と土手を踏み固めてくれるに違いない!
そうした先人の知恵から、川沿いには桜が多く植えられるようになりました。

引用:ウェザーニュース

その一方、Wikipediaでは護岸と美観の維持のために柳や桜が植えられたとも説明されています。

江戸時代には河川の整備に伴って、護岸と美観の維持のために柳や桜が植えられた[20]。また園芸品種の開発も大いに進み、さまざまな種類の花を見ることができるようになる。江戸末期までには300を超える品種が存在するようになった[17]。江戸末期に出現したソメイヨシノをはじめ、明治以降には加速度的に多くの場所に桜が植えられていった。

引用:Wikipedia(サクラ)

Wikipediaでは「護岸」とも書かれているので、どちらの説明にも繋がる「A.川沿いの地盤をしっかり固めるため」が無難かもしれません。

※ 一部訂正しました。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top