SBAPP

【iPhone】Chromeアップデート後にフリーズ、落ちる不具合の詳細と対処について

iOS版Google Chromeのアップデート(ver.97.0.4692.72)以降、Chromeがフリーズもしくは落ちる不具合が発生しており、利用ユーザーから「アプデしたらフリーズする」「Chromeが動かない」「タブが全て消えた」「Chromeが落ちる」などの声が増えています。

iOS版Google Chromeがフリーズする不具合が発生

iOS版Google Chromeの最新アップデート(ver.97.0.4692.72)以降、Chromeの動作が不安定になる不具合が生じており、頻繁にフリーズやクラッシュする事例が相次ぎ報告されています。

報告されている不具合と症状

  • Chromeがフリーズ、動作停止する
  • Chromeが落ちる、クラッシュする
  • Chromeで新規タブを開くと固まる
  • Chromeを再起動するとタブが全て消える
スポンサーリンク

Discoverをオフにすると動作が改善する傾向

iOS版Google Chrome(ver.97.0.4692.72)でフリーズ、クラッシュする不具合が発生した場合、以下の手順でDiscoverをオフにすることで不具合が解消する傾向があるようです。

  1. 下段メニューバーの・・・をタップ
  2. 設定をタップ
  3. Discoverのスイッチをオフ(白)に変更する

ただし、前提としてChromeが操作可能な状態である必要があるため、起動した直後にフリーズしてしまい操作ができない場合は、Chromeを再インストールした直後であれば上記操作が可能な場合があります。(実機確認済)

不具合の根本的な解決にはChromeのアップデートによる対処が必要となるため、不具合が修正されるまでの間はDiscoverをオフにして使用するようにしてください。

Chromeがフリーズ、クラッシュする可能性がある操作

筆者環境にて不具合の再現性を確認したところ、Discoverの設定がオンの状態で開いているタブが多い、あるいはタブを連続(高速)で開くと動作速度が低下しクラッシュする事象を確認できました。

この場合、Chrome再起動後に「Chromeは正しく終了しませんでした」と表示され、全てのタブが閉じられた状態で再開できる場合もありますが、稀に再起動後もフリーズした状態が継続することがあり、この場合はChromeの再インストール及びDiscoverをオフにしなければ改善しないことがありました。

コメント(承認制)

*

Return Top