楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】Energizer「XP20001PD」、USB-PD対応の大容量20,000mAhモバイルバッテリー

スポンサーリンク

iPhoneなどのスマートフォンやMacBookなどのノートパソコン、ワイヤレスイヤホンやタブレットなど、バッテリー内蔵により携帯できる製品が増え便利になりましたが、それと同時にバッテリー残量に悩まされることが多々あります。

今回はバッテリー残量の悩みを解消し、且つカフェなどの限られたデスクスペースでも邪魔にならない縦置き対応のUSB-PD対応USB電源ハブ型モバイルバッテリー「XP20001PD」をフォーカルポイント株式会社よりお借りしたのでレビューします。

iPhone XSを約6回フル充電できる大容量の20,000mAh

XP20001PDは、USB-PD(USB Power Delivery)に対応しており、iPhoneだけでは無くMacBookやSurface、SWITCHなどの充電もできるUSB電源ハブ型モバイルバッテリーです。

バッテリー容量は大容量の20,000mAhとなっており、iPhone XS(2658mAh)を約6回※フル充電することができます。

※ 変換ロスを2割と仮定し[20,000 * 0.8 / 2,658]で算出しているため、実際の使用環境ではフル充電回数が前後する場合があります。

XP20001PDパッケージ
USB-PD対応なのでiPhone以外にも、MacBook Proなどのデバイスも充電できる。
XP20001PDの性能・スペック

バッテリー容量:20,000mAh
ワット時定格量:最大74Wh

入力:
・USB-C:5V⎓3A / 9V⎓3A / 12V⎓3A / 15V⎓2.4A / 20V⎓1.8A
・Micro USB:最大5V⎓2A

出力
・USB-C:5V⎓3A / 9V⎓3A / 12V⎓3A / 15V⎓3A / 20V⎓2.25A
・USB-A:5V⎓4.2A(最大4ポート)

USB-Aポート(出力):4ポート
USB-Cポート(入力/出力):1ポート
Micro USBポート(入力):1ポート

本体サイズ:約90(横)× 32(縦)× 108(厚)mm
本体重量:約420g

パッケージの裏面には、XP20001PDの特徴でもある「容量20,000mAh」「USB-PDによりMacBookなどの充電に対応」など、製品の魅力がズラッと記載されています。

  • USB-Cポートを使ったiPhoneの高速充電対応
  • USB-PD対応のノートブック(MacBook Pro/Air Surface Goなど)の充電対応
  • USB-CとMicro USBの2種類の入力・本体充電に対応
  • USB-CとMicro USBの2本のケーブルが付属
  • 4つのUSBポート、1つのUSB-Cポートを使った最大5台の同時充電に対応
  • 過充電や過放電から製品を保護するパワーセーフマネジメント搭載
  • バッテリー残量がわかるLEDインジケータ
  • PSE適合製品
  • ワット時定格量は74Wh。国内線や国際線に持ち込み可能
XP20001PDパッケージの裏面
パッケージ裏面には製品の特徴や魅力が全面に記載されている。

重厚感あるデザインと安定感ある縦置き設計

パッケージの梱包内容は本体、USB-Cケーブル、Micro USBケーブル、説明書の4つ。

USB-Cケーブルの長さは50cmと使い勝手の良い長さですが、Micro USBケーブルは30cmと少し短いので、XP20001PD本体をMicro USBケーブルで充電する場合は、コンセントや充電器の位置に注意が必要です。

XP20001PDの付属品
本体以外にもUSB-Cケーブル、Micro USBケーブルが付属。

XP20001PD本体の基調色は重厚感あるグレーになっており、デスクに置くとずっしりと重みと安定感あるデザインです。USBポート周りは高級感を演出するシルバーのフレームが輝いています。

XP20001PD本体
XP20001PDはずっしりとした安定感のある縦置きデザイン。デスクの場所を取らないサイズ感。

側面にはUSB-Cポート、反対の側面にはMicro USBポートが搭載されています。

USB-Cポートは入力と出力の両方に対応しており本体の急速充電だけでは無く、MacBook ProなどのUSB-PD対応製品の充電、iPhoneの急速充電(要Lightning – USB-Cケーブル)もできます。

XP20001PD USB-C
USB-Cポートは入力と出力の両方に対応。

本体の底面にはバッテリー容量や最大入出力などの製品仕様、モバイルバッテリーの販売・輸入で義務化されている「PSEマーク」などが印字されています。

XP20001PD PSEマーク
もちろんPSEマークもしっかりと表示されています。
スポンサーリンク

充電状況がわかりやすいLEDインジケータ

XP20001PDとデバイスを充電ケーブルで接続し、本体の電源ボタンを押下するとデバイスへの給電が開始されます。充電中はLEDインジケータの●の数で本体のバッテリー残量を確認することができます。

バッテリー残量の読み取り方

○○○●:10〜25%
○○●●:26〜49%
○●●●:50〜74%
●●●●:75%〜100%

XP20001PD LEDインジケータ
LEDインジケータの数でバッテリー本体の残量もわかりやすい。

XP20001PD本体のバッテリー残量は、充電中以外の場合でも電源ボタンを押下するといつでも確認することができます。

XP20001PD バッテリー残量
バッテリー残量は電源ボタンを押すといつでも確認できる。

XP20001PD本体充電中はLEDインジケータで充電状況を確認することができ、充電が完了すると全てのLEDインジケータが点灯します。また万が一過充電してしまった場合でも、パワーセーフマネジメント機能で本体が保護されるので安心です。

XP20001PD パワーセーフマネジメント
万が一過充電してもパワーセーフマネジメント機能で保護。

USB-Aは安定した5V充電、MacBook Proは45Wで充電

USB-AポートはiPhone Xで6.5W(5V*1.3A)、USB-CポートはMacBook Pro (13-inch, 2016)で45Wで安定した充電ができることを確認しました。

※ iPhoneはバッテリー残量によってアンペアが制御されるため、上記が最大の充電速度という訳ではありません。

限られたデスクスペースでも邪魔にならないモバイルバッテリー

XP20001PDは、iPhoneなどスマートフォンの予備バッテリーとしての用途にはもちろんですが、本体が縦置きを想定した形状なので、デスクスペースが限られている場所で特に重宝するモバイルバッテリーです。

価格は執筆時点で7,538円(税込)と多少値を張りますが、iPhoneなどスマートフォンだけでは無く、MacBook ProなどのノートパソコンやSWITCHなどの充電ができること、大容量の20,000mAhなどである点を考慮すると見方が変わるかもしれません。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top