楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】iPhone 11 Proケース Spigenウルトラ・ハイブリッドで傷と衝撃から保護

【レビュー】iPhone 11 Proケース Spigenウルトラ・ハイブリッドで傷と衝撃から保護
スポンサーリンク

iPhone 11 Proでは背面のデザインが大きく刷新され、Appleのロゴ(リンゴ)が中央に寄り”iPhone”の文字が消えるなど、これまでよりも更に背面の美しさがブラッシュアップされました。

また新色である「ミッドナイトグリーン」も登場したことで、これまでよりもクリアカラーのiPhoneケースを探している方も多いかと思います。

そこで今回はiPhone 11 Proのデザイン性や色味などの特徴を損なうこと無く、傷や衝撃からしっかりと保護できるケース「Spigen ウルトラ・ハイブリッド」をレビューします。

※ 当記事では、シュピゲンジャパン株式会社より提供して頂いたサンプル品を使用しています。

iPhone 11 Proのデザイン性を損なうこと無く、傷と衝撃から保護

ウルトラ・ハイブリッドは、側面に衝撃急性に優れたTPUバンパー、背面に透明度の高いクリアポリカーボネートパネルを採用した2重構造のケースです。iPhone 11 Proのデザイン性を損なうこと無く、しっかりと傷や衝撃から守ることができるのがウルトラ・ハイブリッドの魅力です。

ディスプレイ側のフチは数mm程度高く作られており、ディスプレイを下に向けて置いた時の擦り傷を防ぐことができます。iPhoneの画面を下に向けて置くことで、無駄な画面点灯などを防ぎバッテリーを節約できる機能「フェイスダウン」も傷に心配すること無く安心して活用できます。

トリプルカメラ周りのフチは数mm高く、レンズや他の持ち物への傷防止に

iPhone 11 Proのサファイアガラス製レンズカバーは出っ張っているため、「一緒のポケットに入れていた別のスマホに傷が付いた」といった報告もありますが、ウルトラ・ハイブリッドはカメラ周りのフチが数mm程度高くなっているので、レンズ自体の傷防止だけでは無く、iPhoneと同じ鞄やポケットに入れた他の持ち物への傷防止にもなります。

カメラ周りのフチが高いケースを装着したiPhoneを背面置きした場合、カメラ周りのフチが軸となりガタガタと安定しないケースもありますが、ウルトラ・ハイブリッドは背面四隅にカメラ周りのフチと同程度の凸があるので安定感があります。

またケース背面四隅の凸は、ウルトラ・ハイブリッドの特徴でもある透明度の高いポリカーボネートパネルの傷防止の役割も果たしています。

スポンサーリンク

TPUバンパーはハードな持ち心地、エアクッションで衝撃から保護

側面のTPUバンパーは、ソフトケースのような柔らかな持ち心地では無く、どちらかと言うとハードな持ち心地です。サイドボタン、ボリュームボタンのクリック感は良好で、クリック感が固くなるような感じはありませんでした。

側面四隅には、落下時の衝撃を吸収する特許技術「エアクッション」が採用されており、米軍MIL規格(1.2mの高さで26回の落下試験)のドロップテストもクリアしています。

iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XR対応モデルが用意

ウルトラ・ハイブリッドは、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XR対応モデルが用意されており、カラーはクリスタルクリア、マット・ブラックから選ぶことができ、執筆時点の価格は税込1,523円〜となります。

関連記事【レビュー】iPhone 11 Proケース Spigenリキッド・エアーは旧モデルよりもグリップ感が更に向上

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデート、iOSやSNSの不具合やトラブル対処法、モバイルアクセサリーのレビューなどを中心にお届けしているブログ「SBAPP」の代表です。

SBAPPは携帯電話の主流がガラケーからスマートフォンに移り変わる時期に、慣れない操作やトラブルで困る人の役に立てる記事を発信しようと思い立ち上げました。誰が読んでも悩みが解決する、そんな記事を心がけて執筆しています。

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top