楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】Spigenのガラスフィルム「Glas.tR EZ Fit」は貼り付けが苦手な人に是非試してほしい

スポンサーリンク

今回はモバイルアクセサリーメーカー「Spigen」がiPhone XS/XS Max/XR向けに発売している、貼り付けキット付属ガラスフィルム「Glas.tR EZ Fit」を実費購入したのでレビューします。

Spigenのガラス保護フィルムは過去に何度かレビューしていますが、今回のGlas.tR EZ Fitは簡単に貼ることができる「貼り付けキット」が最大の特徴となる製品です。

基本的なスペックが標準的、強みは貼り付けキット

Spigenの「Glas.tR EZ Fit」は、薄さ0.4mmの硬度9H以上のガラスフィルムです。ガラスフィルムの弱点でもある”フチ”の耐久性を向上するラウンド加工、皮脂付着防止と簡単に除去ができる撥油コーティング加工が施されています。

  • 薄さ0.4mm
  • 淵は丸みのあるラウンド加工(耐久性向上)
  • 撥油コーティング加工(指紋や手垢付着の防止、除去がしやすい画面)
  • Face ID​ / Haptic touch / 3D Touch対応
  • 硬度9H以上

Glas.tR EZ Fitのスペックは、他社製品と比較しても突出した特徴は無いものの、最大の強みはガラスフィルムを簡単に貼ることができる「貼り付けキット」が付属していることです。これが本当に凄い。

もうiPhoneを真上から眺めて、貼り付けする時の位置を確認して〜..なんてことは不要。ストレスフリー。

右側の大きなクリアケースが貼り付けキット兼ガラスフィルム。

ガラスフィルムの位置調整やテープを使った仮止めは不要

他社からも貼り付けキットが付属したガラスフィルムは出ていますが、Spigenの貼り付けキットは「ガラスフィルムと貼り付けキットが一体化」していることが特徴的です。

付属のテープなどでガラスフィルムを固定したり位置調整をする必要も無く、ガラスフィルムの剥離面を剥がしてフレームをはめ込むだけです。貼り付けるステップだけであれば5秒もあれば終わります。

剥離シートを剥がしたフレームをiPhoneに装着するだけで貼り付けられる。位置調整やテープによる仮止めは不要。

貼り付ける手順

  1. 画面の汚れと埃を除去
  2. フレームからガラスフィルムの剥離面を剥がす
  3. iPhoneにフレームを装着する
  4. 橙色のガイドシールを指でなぞる(気泡が抜けます)
  5. 30秒待ったら黒色のシールを剥がしてフレームを外す
  6. ガラスフィルムの保護シールを剥がして完了(必要に応じて気泡を押し出す)

画面の汚れと埃の除去さえ疎かにしなければ、誰でも簡単に綺麗に貼ることができます。(ウェットシート、クロス、埃除去シールは付属)

スポンサーリンク

寧ろ失敗する原因は「皮脂」と「汚れ」だけなので、画面に付着した埃を一気に除去できるクリーニングローラーがあると鬼に金棒。

私はスペックコンピュータのイージークリーニングローラーを使用していますが、執筆時点では売り切れのようなので代替品を参考に。

全行程で3分弱、汚れと埃の除去の時間が大半

撮影時間を除けば全行程で3分も掛からずに貼り付けができました。汚れと埃の除去を入念にしてこの時間なので、手際の良い人だともっと早いかも。

位置ずれや気泡も無く、難なく綺麗に貼り付けることができた。

貼付け後の使用感も特に問題なく指の滑りも快適です。ただ、撥油コーティング加工による指紋付着防止は気休め程度なので、あまり期待はしない方が良いです。

もしGlas.tR EZ Fitを購入する場合は、貼り付け前に公式動画を見ておくとスムーズに進めることが出来ると思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top