楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【レビュー】RAVPower Xtreme RP-PB26 18200mAh超大容量モバイルバッテリー

今回はRAVPower社から提供して頂いた18200mAhモバイルバッテリー(RAVPower Xtreme RP-PB26)をご紹介します。
このバッテリーの売りは”大容量”です。
故にデメリットもあるので、その辺りも詳しくレビューしていきます。

RP-PB26のメリット

  • 3USBポート(1.0A、1.5A と 2.4A)が搭載されている為、2.4Aを使う事でiPhoneを急速で充電する事が可能。
  • PCからモバイルバッテリーに充電する事が可能(ケーブル付属)
  • 18200mAhの超大容量
    →メーカーによるとiPhone6満充電約7回分とされていますが、実際モバイルバッテリーで充電が出来る実効容量は7割程度とも言われているので、4回〜5回程度の可能性があります。
  • バッテリー残量や充電状態がわかりやすいLCDディスプレイ採用
  • LEDライト搭載
  • 安価
  • 満充電や過放電によって、万が一発熱した際は本体が自動でシャットダウン

RP-PB26のデメリット

  • とにかくデカい&重たい(約400g)
    幅がiPhone6Plusぐらい、縦がiPhone6Plus一回り大きく、厚みは4台分ぐらい?
  • 電源から直接給電するには、別途自前でACアダプタを購入する必要あり
  • 本体裏面に「MADE IN CHINA」の記載あり
    →Lightningケーブルは別途純正を使う必要があるのでiPhone本体の発火事故云々は大丈夫だとは思いますが、外国製のモバイルバッテリーが不安な方には向かないかもしれません。

RP-PB26のレビュー

パッケージ

パッケージの表面。容量に目が惹かれますね。

裏面は各USB端子のアンペア数の説明など。

梱包内容

とっても綺麗に梱包されています。

梱包物は本体、取扱説明書、USB⇔microケーブル2本(長さが異なります)が梱包されていました。
取扱説明書には”専用ポーチ”も書かれていたんですが、不思議と梱包されていなかったので、梱包ミスなのか誤表記なのか現在問い合わせ中です。 → 取扱説明書の印字ミスとのことでした。

スポンサーリンク

本体

表面にはLCDディスプレイと電源ボタン。本体は黒のプラスチック製です。

端子部分は、右から「USB充電端子」「LEDライト」「2.4A充電」「1.5A充電」「1.0A充電」となっています。

電源ボタンを1度押すとLCDディスプレイが点灯するので、残量を確認する際に便利です。

電源ボタンを2度押すとLEDライトのオンオフを切り替える事が出来ます。
アウトドアには便利かも?

大きさ比較

iPhone5を重ねるとこれぐらいの差があります。
iPhone6Plusの横幅と同じぐらいです。

厚みは中々。かなり握った感じもずっしりしています。

重さを測ってみると約400gでした。
ちょっぴり重めです。

充電中の様子

iPhone5を接続すると無事電源の供給が確認できました。
iPhone6Plusでも問題ありませんでした。

電源供給中は、どこの端子を使用しているのかLCDディスプレイに表示されます。

どんな人は買い?

今回紹介したモバイルバッテリーは、以下のような方であれば良い製品かと思います。

  • 外出先でiPhoneをガッツリ充電したい
  • 外出先で長時間テザリングをする場合がある
  • キャンプやツーリングなどのアウトドアが大好きな方
  • 生産国にこだわりは無い
  • モバイルバッテリーに何度も充電するのは嫌い

つぶやき


モバイルバッテリーの大容量化も凄い進んでいますよね。
この超容量でコンパクトなら尚更嬉しいんですが、さすがに厳しいですよね。
こういったモバイルバッテリーを持つと、Appleの軽量化技術って凄いんだなーなんて思っちゃいました。

※ アクセサリーのレビュー依頼はお問い合わせよりお願い致します。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top