楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Amazon】ブラックフライデーセール、商品の割引率を高くみせる悪質な出品相次ぐ

本日2019年11月22日より、Amazonで「ブラックフライデーセール(Black Friday Sale)」が実施されていますが、商品をセール実施前に高値で出品しセール実施後に値下げすることで、本来よりも大幅な割引率が表示されている商品が多く出品されています。

ブラックフライデー、高い割引率の商品に注意しつつ買い物を

ブラックフライデーセール(Black Friday Sale)では様々な商品が割引価格で出品されていますが、一部で商品の元値を高く設定したり、セール前に商品価格を値上げすることで割引率を大きくしている商品があり、それに気がついたユーザーがSNS上で注意を促しています。

元値49,999円の超高級ワイヤレスイヤホンの正体

実際にAmazonブラックフライデーで割引率の高い商品を確認すると、同じようなワイヤレスイヤホンが多数並んでおり、酷い物だとサンプル写真にベストセラーとテキスト加工した元値49,999円のワイヤレスイヤホンもあります。(そもそも商品画像に”ベストセラー”などユーザーに誤解を与える加工は規約違反)

高い割引率が設定された類似ワイヤレスイヤホンがズラリと並ぶ。

Amazonで販売されている商品の価格推移は、Amazon価格のトラッキングサービス「Keepa(外部リンク)」などで確認できますが、上記の税込49,999円のワイヤレスイヤホンに関してはブラックフライデーセールが迫った11月18日に出品された新商品であることがわかります。

ブラックフライデー目前に高価格で発売されたワイヤレスイヤホン。この価格は適正?
スポンサーリンク

割引率だけで商品の購入を決めるのは危険

一見すると「元値49,999円のワイヤレスイヤホンが86%オフの6,999円で購入できる!安い!」と感じてしまうかもしれませんが、そもそも元値49,999円の設定がおかしく、Amazonで同一商品を探してみると4,999円で同じワイヤレスイヤホンが販売されていました。

49,999円のワイヤレスイヤホンと同じ物が4,999円で販売されている。商品説明画像等も同じ。

割引率だけを見ずにKeepaで価格調査、価格と商品価値のバランスを考える

ブラックフライデーセール(Black Friday Sale)に限った話ではありませんが、Amazonには元値や参考価格が高く設定され、割引率を高くみせている商品が無数に存在します。

とくに大規模なセールが実施されると、割引率を偽った商品が大量に出品される傾向があるので、買い物をする場合はAmazon価格トラッキングサービス「Keepa(外部リンク)」で、セール前に異常な値上げが無いか、セール間近な時期に高値で出品されていないか確認することをお勧めします。

また今回の例であれば、問題のワイヤレスイヤホンに“約5万円価値”の価値があるのかを考えると、Keepaを使わなくても割引率異常性に気がつけると思います。(AirPods Proで30,580円、ソニーのハイレゾ級音質のワイヤレスイヤホンでも23,800円です。/価格.com調べ)

関連記事【Amazon】割引率は嘘?本当?高い割引率の真偽をKeepaで見抜く

コメント(承認制)

*

Return Top