楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【アプリ】1PasswordにFacebookの2段階認証コードを登録する方法

今回は1PasswordにFacebookの2段階認証コード(ワンタイムパスワード)を設定する方法を解説します。
恐らく大半の方はFacebookアプリのコードジェネレーターをお使いだと思いますが、iOSであれば1Passwordで2段階認証コードを生成する事が可能です。
Facebookアプリ自体にロック機能は無い為セキュリティに不安を感じる方や、パスワード関係は全て1Passwordで管理したい!という方は、2段階認証コードの生成を1Passwordに移行してみてはいかがでしょうか?
但し1Passwordのワンタイムパスワード生成機能は、有料アドオンのPro Features(1,000円)が必要になります。

2段階認証何てあるの?

そもそもFacebookの2段階認証って何?という方はコチラの記事を先にご覧ください。

Facebookの2段階認証コードを1Passwordに登録!

2段階認証コードを1Passwordに登録するには、途中QRコードの読取りが必要になる為、以下の2端末が必要になります。

  • Facebookをブラウザで開ける端末(PC、タブレット、スマートフォン)
  • 1Passwordインストール済みの端末(iPhone、iPad)
スポンサーリンク

Facebookを開く端末(PC、タブレット、スマートフォン)の操作

1Passwordに2段階認証コードの生成を移行する前に、専用のQRコードを表示する必要があります。

ブラウザでFacebookを開き、メニューから設定をクリック。

「セキュリティ」→ コードジェネレーター右横「編集」の順にクリック。

セキュリティコードを入力するその他の方法の「設定」をクリック。

QRコードが表示されるので、この画面のまま1Passwordインストー済み端末の操作に移ります。

1Passwordインストール済み端末の操作

1PasswordのFacebookアカウントの情報を開き、「編集」をタップ。

「Add New Password」をタップ。

QRコードのアイコンボタンをタップ。

枠内に先程のQRコードを収める。

otpauth://totp/Facebook~ というURLが自動入力されるので、そのまま「完了」をタップ。

One-Time Password項目にFacebookの2段階認証コードが表示されます。(30秒毎自動更新)

QRコードを表示していた側のセキュリティーコード入力部分に、1Passwordに表示されている2段階認証コードを入力し、「確認」をクリックで完了です。

これで次回からはFacebookのコードジェネレーターを使わず1Passwordで2段階認証コードを取得する事が出来ます。

つぶやき


やっぱりパスワード関連は1つのアプリにまとめると楽ですね。
ワンタイムパスワード生成アプリは幾つか種類があって、サービスによってはアプリ名指しの場合もあります。
特に名指しでは無く、こういったQRコードの表示が可能なサービスであれば大半の場合、1Passwordに登録出来ます。
極力同じ機能のアプリは減らしてホーム画面をスッキリとさせたいですね。
先日(28日)はGoogleのワンタイムパスワードを登録する方法を解説しているので、気になる方は是非。

著者情報

Ryo Funaki
iPhoneの使い方、iOSアップデートの最新情報、iOSや各種SNSの不具合やトラブル対処法など、How To情報を中心に届けるブログ「SBAPP」を運営。

コメント(承認制)

*

Return Top