楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【OSX Yosemite】iPhone/iPadの画面を動画でキャプチャ(録画)する方法

cat
スポンサードリンク

今回はOSX YosemiteでiPhone/iPadの画面を動画でキャプチャ(録画)する方法をご紹介します。
これまでiPhone/iPadの画面を動画でキャプチャをするには、専用のアプリを使う必要がありましたが、Yosemiteからは標準アプリのQuickTimePlayerがキャプチャに対応しました。
これにより、プレイ動画の投稿やアプリのPVとして動画を撮影する事がかなり容易になりました。

動画でキャプチャする方法

iPhoneをMacとUSB接続し、QuickTimePlayerを起動。
2014-10-20 8.32.53

ファイルから新規ムービー収録をクリック。
2014-10-20 8.33.54

録画ボタン横のメニューから接続しているiPhoneを選択。
2014-10-20 8.35.58

録画ボタンをクリックすると撮影が始まります。録画中は録画ボタンが停止ボタンになるので、好きなタイミングで録画を中止してください。
2014-10-20 8.36.32

ファイルから保存を選択するか、⌘+Sで保存ダイアログが表示されます。
2014-10-20 8.37.25

任意の場所に保存!
2014-10-20 8.37.56

つぶやき

kogoto_prof
Yosemiteとの連携が本当に凄い。
QuickTimePlayerが録画に対応した事から、サードパーティー製の録画アプリがどのような機能で差別化してくるか気になるところです。
録画する際にPCマイクを選択すると、マイクから拾った音声を録音する事が出来るので、解説動画や実況も簡単ですね。

参考:MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top