楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【速報】watchOS 2.0.1がリリース バッテリーパフォーマンスの改善など

cat (1)
スポンサードリンク

Apple Watch向けにwatchOS 2.0.1のアップデートがリリースされました。
バッテリーパフォーマンスの改善や、不具合や脆弱性の修正などが行われています。
それでは早速、watchOS 2.0.1の詳細とアップデート方法を解説します。

watchOS 2.0.1アップデート詳細

  • ソフトウェア・アップデートが停止することがある問題を修正
  • バッテリーのパフォーマンスに影響していた問題を修正
  • 管理対象のiPhoneで、iOSの“カレンダー”のイベントをApple Watchに同期できない問題を解決
  • 位置情報が適切にアップデートされないことがある問題に対処
  • Digital Touchで、電話番号ではなくメールアドレスから送信されることがある問題を修正
  • Live Photoを文字盤として使っているときに不安定になることがある問題に対処
  • Siriを使って心拍数を計測しているときに、センサーが無期限にオンになる問題を解決

リリースノートには書かれていませんが、他にも9種類の脆弱性が修正されています。
なお、watchOS 2.0.1のダウンロードサイズは62.8MBとなっていました。
(Apple Watch42mm × iPhone 6 Plusで確認)

WatchOS 2.0.1のアップデート方法

Apple Watch管理用アプリ「Watch」を起動する。
th_IMG_2960 (1)

マイウォッチから「一般」をタップ。
th_IMG_2961

「ソフトウェア・アップデート」をタップ。
th_IMG_2962

「ダウンロードとインストール」をタップ。
th_IMG_3633 (1)

iPhoneのパスコードを入力。
※パスコードロックがオンの場合のみ。
th_IMG_2964

規約が問題無ければ「同意する」をタップ。
th_IMG_2965

watchOS 2のダウンロードが始まります。
th_IMG_3636 (1)

なおアップデートには、以下の条件を満たす必要があります。

  • Apple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信範囲内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top