楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】災害に備えてTwitterのライフラインを活用する方法

cat
スポンサードリンク

万が一の災害時に情報を得る1つの手段として「Twitter」があります。
消防庁や防衛省、首相官邸の公式アカウントは、信憑性も高いので安心です。
これらの災害時に役立つ公式アカウントをフォローする方法と、重要なツイートを通知するライフライン機能を解説します。

災害時に役立つ公式アカウントをフォローする

まずTwitterライフラインページ(https://twitter.com/who_to_follow/lifeline)を開き、災害情報を受信したいアカウントでログインします。
th_IMG_8758

PCからフォローする事も可能ですが、iPhoneでもPC版が自動表示されます。
th_IMG_8759

災害情報を受信したい場所(自宅等)の郵便番号を入力し、検索をタップ。
th_IMG_8761

災害情報を発信する公式アカウントがリスト表示されるので、フォローボタンをタップ。
th_IMG_8762

※ 万が一フォローボタンをタップしても反応しない場合は、PCからフォローするか、以下の公式アカウントリストから各アカウントをフォローしてください。

各都道府県庁はユーザー検索で見つける事が出来ます。

iPhoneで災害情報を通知する方法

公式Twitterアプリのアカウント画面の歯車(設定)ボタンをタップ
th_IMG_8763

メニューから設定をタップ
th_IMG_8764

先程公式アカウントをフォローしたアカウントを選択
th_IMG_8765

Twitterアラートをオンにする
th_IMG_8766

正しい情報

災害時にはTwitterが情報で溢れ出します。
一般ユーザーのツイートの中にも確かな情報もありますが、誤った情報も数多く流れます。
全ての情報を鵜呑みにするのでは無く、信頼出来る人(友人や知人)や災害に関する公式アカウントの情報を確認するようにすると良いかもしれませんね。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top