楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】ウイルス対策はしなくても大丈夫?対策アプリは?

6001
スポンサードリンク

ウイルス対策って必要?

当サイトのリピーターさんからこんなメールを頂きました。

iPhoneはウイルス感染したりするのでしょうか?もしするのであれば対策方法はありますか?

昨今PCでも遠隔操作ウイルス等のニュースが話題になりましたよね。
そんな不安を解消するために詳しく解説していきます。

ウイルス感染の有無

そもそもiPhoneはウイルス感染するのか?といった部分。
iPhoneのアプリは全てAppleが管理しているApp Storeでのみインストールが可能となっており、アプリをApp Storeに並べるにはAppleの審査を通る必要があるため、大半の悪意のあるアプリはこの時点で審査落ちします。

万が一、悪意のあるアプリが審査を抜けてしまっても、インストールしたら即座に問題がおきる..といった可能性は殆どありません。
理由はiOSの「サンドボックス構造」にあります。

iPhoneの構造

iPhoneはサンドボックスというセキュリティモデルが採用されています。
「サンドボックス」といきいてもピンと来ない方も多いかとおもいます。

サンドボックス(sandbox)とは、外部から受け取ったプログラムを保護された領域で動作させることによってシステムが不正に操作されるのを防ぐセキュリティモデルのこと。
実行されるプログラムは保護された領域に入り、ほかのプログラムやデータなどを操作できない状態にされて動作するため、プログラムが暴走したりウイルスを動作させようとしてもシステムに影響が及ばないようになっている。
(Wikipedia引用)

サンドボックスをザックリ例えると

box

iPhoneの内部構造が1つの大きいビルだとすると、ユーザーしか使えない「管理室」、鍵さえあれば自由に使える「共用スペース」、アプリが保存されている「部屋」があるとします。
インストールしたアプリは自ずと「部屋」にしか入る権限(鍵)しか渡されないので、無断で鍵の掛かっている「管理室」や「共用スペース」に入ることはできません。
但し、共用スペースにはユーザーに許可さえ貰えれば自由に活用することができます。

ここで言う共用スペースにあたるのは「位置情報サービス」や「写真アプリ」といったアプリが含まれます。
例えばナビゲーションアプリを起動すると位置情報サービスを要求されますよね。
要求を許可してもらうことで、初めて共用スペースの資源をアプリが利用することができます。
よって、悪意のあるアプリをインストールしただけでは、iOSの中枢まで悪意のあるプログラムが侵入する可能性は非常に低く、そこまで心配する必要はありません。

但し例外もあり、権限無しに利用ができる「クリップボード(コピペ)」などを巧みに利用して侵入する..といった可能性は0とは言い切れません。

ウイルス対策アプリ

iPhoneにPCのように中枢までスキャンが出来るウイルス対策ソフト(アプリ)がないのもサンドボックス構造が採用されているため、スキャンできる範囲が限られているためです。
稀に問題のあるアプリが後々発覚するケースがありますが、アプリ自体をアンインストールすることで脅威を排除することが可能です。
PCのようにウイルスが深部に散らばって侵入するリスクが殆ど無いのもiOSのメリットと言えます。

アップデートは必要

iOSも必ずしも強固という訳では無く、脆弱性(セキュリティ・ホール)が存在します。
JailBreakが今でも存在するのは、この脆弱性があるが為です。
Appleはこういった脆弱性をアップデートの度に数十種類修正することが殆どなので、こまめにiOSのアップデートを行うことが一番のセキュリティ対策になります。
例え魅力的な新機能の追加が無いマイナーアップデートだとしても、裏では重大な脆弱性が修正されているケースもあるので、アップデートするかどうかを機能だけで判断するのは危険です。

改造はご法度

iPhone本体をJailbreak(通称:脱獄)をしてしまうと、先程説明した強固なサンドボックス構造が解除されてしまいます。
今までiPhoneでウイルスに感染したとされる報告の大半も脱獄をしたユーザーと言われています。
JailBreakは通常のiOSでは出来ないことも出来る手法ですが、反面強固なセキュリティを緩めてしまうことになるのですべきではありません。

結局のところ、ユーザーである私達が出来る事は

  • iPhoneの同期
  • iOSアップデート
  • App Store以外でアプリのインストールをしない
  • 危険なWEBサイトにアクセスしない

..など、基本的なことしか出来ないので、これらを意識しつつiPhoneを使っていきたいところです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top