楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Twitter】学生や社員のツイートを監視する「セーフティプログラム for Twitter」が登場!

cat
スポンサードリンク

今回はTwitter監視サービス「セーフティプログラム for Twitter」についてご紹介します。
もしかするとあなたのツイートは監視されているかもしれません。

Twitterの炎上

Twitterのユーザー数は年々増えており、特に学生層に根強い人気があります。
tSP_graph

昨今Twitterでは炎上事件が絶えません。
未成年の飲酒喫煙、コンビニの冷蔵庫に入っている画像、蕎麦屋のバイト中に調理台に乗り上げている画像..など。
こういった身勝手な行為から、学校、バイト先の企業が炎上に巻き込まれるケースも増えてきています。
学生だけでは無く、務めている会社員による機密情報の流出や社内情報に関するツイートも問題になっています。
そういった問題を防ぐ目的に開始されたサービスが「セーフティプログラム for Twitter」になっています。

このようなシーンでお役立ていただけます (公式サイト)

  • 生徒の投稿を見守りたい
  • 社員がどのような投稿をしているのかを知りたい
  • アルバイトが不適切な投稿をしていないか確認したい
  • 投稿を毎日見守る時間がない

と4つの例が挙げられています。
炎上の防止だけでは無く、「どのような投稿をしているか」という目的でツイートを確認されてしまいそうです。
ちょっと怖い。

目視!

tsp_point01

依頼のあったアカウントはプログラムによる監視では無く、目視で監視するとのことです。
確かにプログラムで監視してしまうと誤検知が起きてしまいそうですが、目視であれば多少の言い回しを変えたツイートでも、「問題のあるツイート」として依頼主に報告する事も可能に思えます。

料金

料金は 月額4,000円/1アカウント となっています。
目視による監視ですし、比較的リーズナブルな価格だと思います。
炎上を未然に防ぎたい学校関係者の方、情報流出を懸念している企業の方は検討してみてはいかがでしょうか?

つぶやき

kogoto_prof
今回紹介したサービスの本来の目的は「炎上を防ぐ目的」となっています。

ですが、「生徒/社員がどのような投稿をしているのかを知りたい」という目的でサービスを利用する事も可能なようなので、自分のTwitterアカウントが依頼対象とされた場合は、全ての投稿を見られてしまい、プライバシーも一切無くなる可能性もあります。
そうなってしまうと、自分の個人的な趣味や私生活も学校や会社側に駄々漏れに?
これはこれで問題がある気がするのは私だけでしょうか。

参考:ガイアックス

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top