楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple】WWDC2018が「日本時間6月5日午前2時」より開催 ライブ配信はiOS 10以上が必須に

スポンサードリンク

Appleが日本時間6月5日午前2時より、開発者向けの発表イベント「WWDC2018」の開催を発表し、公式サイトで基調講演のライブストリーミング(生中継、生配信)を案内しています。

例年のWWDCでは、iOSやmacOSなどの各種OSやソフトウェアの発表を中心に新製品が発表される場合があり、今年はiOS12や新型iPad Proなどの発表が噂されています。

WWDC2018の視聴環境が去年から変化

今年のWWDC2018ライブストリーミングは、iPhoneやiPadのSafariで視聴する場合iOS10以上が必須になっています。

その他の一部プラットフォームについても視聴環境が去年とは異なるので、当日視聴する場合は注意してください。

This stream is best experienced on an iPhone, iPad, or iPod touch using Safari on iOS 10 or later; a Mac using Safari on macOS Sierra 10.12 or later; or a PC using Windows 10 and Microsoft Edge. Streaming to Apple TV via AirPlay requires an Apple TV (2nd generation or later) with the latest Apple TV software or tvOS. Other platforms may also be able to access the stream using recent versions of Chrome or Firefox (MSE, H.264, and AAC required).

デバイス 視聴条件
iPhone / iPad / iPod touch Safari / iOS 10以降
Mac Safari / macOS Sierra 10.12以降
PC Microsoft Edge Windows 10
Apple TV(第2世代以降) 最新版のApple TV ソフトウェア/tvOS

また上記以外のプラットフォームでも、ChromeまたはFirefoxの最新バージョン(MSE、H.264、AAC必須)であれば、WWDC2018のライブストリーミングを視聴できる場合があるとのこと。

スポンサードリンク

WWDC2018のライブストリーミングぺージを確認する

WWDC2018のライブ配信日をカレンダーに追加する

Appleの公式サイトでWWDC2018のライブ配信日をカレンダーに予定として追加できる.icsファイルが配布されています。

開催当日にライブ配信を視聴する場合は、忘れないようにカレンダーに追加しておくと良さそうです。

カレンダーにWWDC2018のスケジュールを追加する

WWDC
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top