楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【噂】Appleがハイレゾオーディオのストリーミングサービスを開発中か

applemusic_hires
スポンサードリンク

MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)が、ポタフェス2015に出展したAppleに詳しい情報筋から得た情報として、2016年を目処にAppleが最大96kHz/24bitのハイレゾオーディオストリーミングサービスの開発を進めていると伝えています。

ハイレゾ音源は1曲あたり約500円前後と通常音源に比べ割高な価格設定となっており、且つ視聴するにはハイレゾ対応機器が必要ということもあり、一部では「普及しない」などといった声も挙がっていましたが、もしかするとiPhoneと対応イヤホンの2つだけで、Apple Musicの一部サービスとしてハイレゾ音源を視聴出来る時が来るかもしれません。

ヒント

ハイレゾそのものに関する解説は、ソニーが自社ウェブサイトでわかりやすくまとめているので、そちらを是非ご覧ください。

リンク:ソニー ハイレゾとは?

“ヘッドホン端子が消える情報”と噛み合う?

image via:computerbild

image via:computerbild
※上記画像はコンセプト画像となるので、実際のiPhone 7(仮称)の画像ではありません。

以前「次期iPhoneからはヘッドホン端子が消える」といった情報が話題になりましたが、当初は薄型化を図る為かと思われていましたが、もしかすると今回のハイレゾ対応と何か関係があるのかもしれません。
もしAppleが通常音源のストリーミングサービスから、高音質なハイレゾ音源のストリーミングサービスに路線を切り替えるのであれば、最大192kHz/24Bit出力が出来るLightning端子1本に絞った方がスマートに思えます。

仮にもオーディオ外部出力がLightning端子1本に絞られると、これまでの3.5mmオーディオプラグのイヤホンを使うには、Lightning端子とオーディオプラグの変換が出来る”DAC”や”ポタアン”を噛ませる手間が増えてしまうため、Lightning出力対応イヤホンの需要が高まることは間違い無さそうです。

“Lightning端子”と”認証チップ”が合わさると?

AppleはLightningケーブルの端子に認証チップを埋め込み、純正かサードパーティ製かを区別しています。
iOSアップデートによって、一部Lightningケーブルが利用出来なくなるのもこの為です。
仮にも同じ技術をハイレゾ対応の純正イヤホンにも転用するのであれば、iOS上で使えるイヤホンをAppleが取り囲むことはそう難しくは無いように思えます。

これが法に抵触するのかはわかりかねますが、現にLightningケーブルはそのような仕組みが採用されているので、あながち「無い」とも言えなさそうです。

詳しいサービス内容は明らかになっていない

現段階では「Appleが2016年を目処にハイレゾ音源のストリーミングサービスを開発しているらしい」といったことしかわかっておらず、そもそもハイレゾストリーミングサービスをApple Musicの通常料金(980円/月)で受けられるのかなど、詳しいサービスの実態は明らかになっていません。
早ければ来年開催されるであろうWWDC 2016で何か発表されるかもしれませんね。

参考:MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top