楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Apple】札幌市で勤務となる求人を公開 いよいよApple Store札幌に再出店の兆し!※追記あり

applestore-20170111
スポンサードリンク

入居していたビルの取り壊しにより、北海道唯一のApple StoreだったApple Store札幌が撤退してから約11ヶ月。具体的な再出店の計画は発表されること無く、2017年度を迎えましたが、ようやくApple Store札幌に再出店の兆しがみえてきました。

Appleは求人情報ページにて、札幌市での勤務となるJP-Apple Store リーダープログラムなど、合計15職の求人を本日付けで公開しました。

1_apple_up

札幌地区を対象とした求人は15職!再出店場所はどこに?

今回Appleが公開した求人は以下の15職です。いずれも札幌市での勤務となります。

  • JP-Apple Store リーダープログラム
  • JP-ビジネスリーダー
  • JP-ビジネスマネージャー
  • JP-ビジネススペシャリスト
  • JP-クリエイティブ
  • JP-エキスパート
  • JP-ジーニアス
  • JP-インベントリースペシャリスト
  • JP-マネージャー
  • JP-マーケットリーダー
  • JP-ソリューションエンジニア
  • JP-スペシャリスト
  • JP-ストアリーダー
  • JP-サービススペシャリスト
  • JP-シニアマネージャー

再出店の時期や場所については未発表ですが、今月中にも完成の見込みとなっている、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)の付近(北海道札幌市中央区北二条西3-1-7)に建設されたオフィスビル「札幌フコク生命越山ビル」の1階か2階に入居するのではと噂されています。※1

同ビルは地下1階〜地上13階建てとなりますが、CBRE Japanに掲載されているテナント募集状況を確認すると、地下1階・地上1階・地上2階のテナント募集は一般公開されておらず、テナント募集そのものが行われていないフロアなのか、或いは入居予定の企業が既にテナントスペースを抑えた為なのかは不明です。

2_apple_up

テナントスペース自体が無い可能性も考えられたものの、札幌フコク生命越山ビルのコンセプトを読む限りでは、地下1階〜地上2階は商業空間が設けられているようなので、Appleを含む幾つかの企業が既にテナントスペースを抑えた可能性も十分に考えられるかと思います。

「札幌駅前通地下歩行空間」と直結するビル地下1階から地上2階までを結ぶ「ステップガーデン」は、「(仮称)札幌駅前共同ビル」最大の特長のひとつ。暖かみのあるフローリングは、賑わいあふれる商業空間とともに、街の新たな憩いのスペースを創出します。
引用:CBRE Japan

早ければ春頃にもオープンする可能性も考えられますが、また具体的なリニューアルオープン時期や移転先について何か続報が分かり次第お伝えします。

追記
Apple Store札幌の求人情報は以前から掲載されていたとの情報を提供して頂きました。また掲載日についても併せてご指摘を頂き、Appleの求人情報ページの日時は”現在の日時と連動”しているようで、求人情報の掲載が開始した日付では無いとのことです。当初は再出店が近いと思われたものの、再出店の望みが再び遠のきました。
※2016/01/12/14:00 追記

※1 Source:新Apple 札幌は「札幌フコク生命越山ビル」にオープン? – Macお宝鑑定団Blog

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top