楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Mac】macOS 10.14 Mojaveの新機能や変更点などWWDC2018発表まとめ

スポンサードリンク

Appleが本日開催したWWDC2018の基調講演にて、Mac向けに発表した次期OS「macOS 10.14 Mojave(モハーヴェ)」が発表されました。

macOS 10.14 Mojave(モハーヴェ)では、ウィンドウやファイルメニューなどUI全体を黒色に変更するダークモード、スクリーンキャプチャー機能に画面録画機能が追加されるなど、新機能が多数追加されます。

ユーザーインターフェースを黒色に変更できる「ダークモード」

Finderやメニューバーなど、ユーザーインターフェース全体を黒色に変更することができるダークモードが追加。

ダークモードは単にUIを黒色にするだけではなく、カレンダーや写真アプリなどもダークモードに適した配色レイアウトが用意されているようです。また開発ツールXcodeも対応するとのこと。

デスクトップをよりスッキリと整理する「デスクトップスタック」

デスクトップに散らばったファイルを種類や日付などで、常に自動でグループ化することができる機能が追加。

メールアプリなどで写真をデスクトップに移動すると自動で「imageスタック」に格納され、スタックに格納された画像を再びアプリにドラッグ&ドロップすることも可能。

Finderにギャラリービュー機能が追加

Finder内で画像やドキュメントのプレビュー表示、画像のローテーション、メタ情報の確認などができるギャラリービュー機能が追加。

Quick Lookの機能強化

ドキュメントを手軽にプレビュー表示できるQuick Look機能に画像や動画を手軽に編集できるマークアップ機能が追加。

スポンサードリンク

スクリーンショットの機能強化

スクリーンショット撮影後にプレビューが表示されるようになり、プレビューを開くことで直接マークアップをすることができるようになります。

また従来のスクリーンショット撮影方法(画面全体、選択範囲)にウィンドウの選択が追加される他、新しく動画形式で録画できるキャプチャー機能が追加されます。

Continuity Camera機能が追加

Macの対応アプリケーションがiPhoneのカメラ機能と連携が可能になり、iPhoneを撮影ツールとして使用できるContinuity Camera機能が追加。

これによりMacのドキュメントリーダーでiPhoneを使って書類を取り込むことなどが可能になります。

株価、ボイスメモ、Homeアプリが追加

iOSで提供されている株価、ボイスメモ、HomeアプリがMacにも追加されます。ボイスメモアプリは、iPhoneで録音したデータをiCloudを介して端末間で同期することも可能です。

セキュリティの向上

macOSのアクセス制御が改善され、カメラ、マイク、メールのデータベース、メッセージ履歴も保護対象になります。これらのデータにアプリがアクセスする場合は、使用者の許可が求められるようになります。

またSafariのトラッキング防止機能が強化され、SNSのシェア機能全般、いいね!ボタンやコメント欄によるトラッキングを防止できるようになります。またMacBookProのTouch ID「指紋」のトラッキングも防げるとのこと。

Mac App Storeのリニューアル

Mac App Storeのデザインが大幅リニューアルされ、サイドバーにCreate、Work、カテゴリー等といったメニューが表示されるようになります。WWDC2018の映像を見る限りでは、比較的iOSのApp Storeに近いデザインのように思えます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top