楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Mac】macOS Sierra 10.12.3がリリース!アップデート詳細やインストール条件など

sierra-20170124
スポンサードリンク

本日AppleがMac向けに、macOS Sierra 10.12.3アップデートの配信を開始しました。今回のアップデートではApple Watchによるロック解除の信頼性の向上や、多数の不具合の修正が行われています。今回は早速macOS Sierra 10.12.3のアップデート内容の詳細やインストール条件について解説します。

macOS Sierra 10.12.3のアップデート方法とインストール条件

macOS Sierraを初めてインストールする場合

システム条件
  • OS X 10.7.5以降
  • 2GBのメモリ
  • 8.8GB以上のハードドライブ空き容量
ハードウェア条件
  • MacBook(Late 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid 2010以降)
  • MacBook Air(Late 2010以降)
  • Mac mini(Mid 2010以降)
  • iMac(Late 2009以降)
  • Mac Pro(Mid 2010以降)
macOS Sierra10.12.2からアップデートする場合
  • ファイルサイズ:1.81 GB
  • 上記ファイルサイズを確認した環境:MacBook Air 13-inch,Ealy 2014

既にmacOS Sierra 10.12.2をインストールしている場合は、Mac App Storeのアップデートタブよりアップデートを適用することが出来ます。
1_sierra-20170124_up

macOS Sierra
カテゴリ: ユーティリティ
無料
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

macOS Sierra 10.12.3のアップデート詳細(リリースノート)

  • MacBook Pro(15インチ、October 2016)で自動グラフィックス切り替えが改善されます
  • Touch Bar搭載MacBook Pro(13インチまたは15インチ、October 2016)で、Adobe Premiere Proプロジェクトをエンコーディングする際のグラフィックス問題が解決されます
  • スキャンされたPDF書類を”プレビュー”上で検索できない問題が修正されます

以下は公式サポート記事にのみ掲載されている内容です。

  • 暗号化を有効にしてエクスポートされたPDF文書との互換性の問題が改善されます
  • 一部のサードパーティアプリケーションがデジタルカメラから画像を正しく読み込むことができない問題が修正されます

またAbout the security content of macOS Sierra 10.12.3によると、上記以外にも9件のセキュリティアップデートが行われているようです。

Bluetooth
Available for: macOS Sierra 10.12.2
Impact: An application may be able to execute arbitrary code with kernel privileges
Description: A use after free issue was addressed through improved memory management.
CVE-2017-2353: Ian Beer of Google Project Zero

概要:アプリケーションがカーネル権限で任意のコードを実行できる可能性。

Graphics Drivers
Available for: macOS Sierra 10.12.2
Impact: An application may be able to execute arbitrary code with kernel privileges
Description: A memory corruption issue was addressed through improved input validation.
CVE-2017-2358: Team Pangu and lokihardt at PwnFest 2016

概要:アプリケーションがカーネル権限で任意のコードを実行できる可能性。

Kernel
Available for: macOS Sierra 10.12.2
Impact: An application may be able to execute arbitrary code with kernel privileges
Description: A buffer overflow issue was addressed through improved memory handling.
CVE-2017-2370: Ian Beer of Google Project Zero

概要:アプリケーションがカーネル権限で任意のコードを実行できる可能性。

..など、他6件。

バージョン ビルドナンバー リリース日
macOS Sierra 10.12.2 正式版 2016年12月14日(水)
macOS Sierra 10.12.3 beta 1 16D12b 2016年12月15日(木)
macOS Sierra 10.12.3 public beta 1 2016年12月16日(金)
macOS Sierra 10.12.3 beta 2 16D17a 2016年12月21日(水)
macOS Sierra 10.12.3 public beta 2 2016年12月22日(木)
macOS Sierra 10.12.3 beta 3 16D25a 2017年1月10日(火)
macOS Sierra 10.12.3 public beta 3
macOS Sierra 10.12.3 beta 4 16D30a 2017年1月13日(金)
macOS Sierra 10.12.3 public beta 4
macOS Sierra 10.12.3 正式版 2017年1月24日(火)
コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top