楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Mac】macOS Sierra 10.12.3では「画面の明るさ」がバッテリー消費が著しいアプリケーションとして監視対象に

mac-battery-20170117_up
スポンサードリンク

現在開発者とApple Beta Software Program参加者向けに配信されているmacOS Sierra 10.12.3 betaにおいて、バッテリーの駆動時間の改善する提案機能が実装されていることが明らかになりました。

バッテリーを多く消費しているアプリの表示、画面の明るさなどの提案が可能に

macOS Sierraでは、画面上部のメニューバーにある”バッテリー状況”において、より多くのバッテリーを消費しているアプリを「エネルギー消費が著しいアプリケーション」としてリストアップする機能が追加されています。

同機能は自らインストールしたサードパーティー製アプリは勿論のこと、標準搭載アプリであるSafariやSpotlight検索なども監視の対象となっています。

img via:Mac Rumors
img via:Mac Rumors

今回macOS Sierra 10.12.3 betaで明らかになったのは、エネルギー消費が著しいアプリケーションとして、新たにDisplay Brightnes(画面の輝度/明るさ)が監視の対象となり、「画面の明るさが75%以上」或いは、fnキー+F2キー押下で表示される「画面の明るさの目盛が13個以上」の時に、画面の明るさがエネルギー消費が著しいアプリケーションとしてリストアップされる仕様になっています。

なおバッテリー駆動時間の改善案にリストアップされたDisplay Brightnes(画面の輝度/明るさ)をクリックすることで、画面の明るさを自動的に75%程度に下げることが出来るとのことです。

img via:Mac Rumors
img via:Mac Rumors

利用者にバッテリー駆動時間の改善案として画面の明るさを下げるよう提案するのは、既にiOS10で実装されており、こちらについては画面の明るさが約40%以上の場合に限り、画面の明るさを下げるよう提案が行われています。

3_mac-battery-20170117_up

今後iOSとの足並みを揃え、1クリックでバッテリーの駆動時間を延長することができる、低電力モードのような機能がmacOS Sierraにも搭載される可能性もあるかもしれませんね。

【iPhone】バッテリーを長持ちさせる4つの方法+α iOS10〜iOS10.2対応版【iPhone】バッテリーを長持ちさせる4つの方法+α iOS10〜iOS10.2対応版
iOSのバッテリー駆動時間の提案機能は、こちらのバッテリー駆動時間を伸ばす方法をまとめた記事でも紹介しています。

Source:Apple Warns You When Your Display is Using Significant Energy in Latest macOS Beta:MacRumors

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top