楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Mac】macOS High Sierra 10.13.5がリリース 新機能 「iCloudにメッセージを保管」が追加

スポンサードリンク

本日Mac向けに、メッセージ(iMessage)のiCloud保管機能「iCloudにメッセージを保管」の追加などを含む、macOS High Sierra 10.13.5アップデートの配信が開始されました。

macOS High Sierra 10.13.5の変更内容と詳細

macOS High Sierra 10.13.5アップデートのリリースノートは次の通りです。

macOS High Sierra 10.13.5アップデートは、お使いのMacの安定性、パフォーマンス、およびセキュリティを改善します。

このアップデートでは、“iCloudにメッセージを保管”に対応しました。メッセージと添付ファイルをiCloudに保存してMacの空き領域を増やすことができるようになります。“iCloudにメッセージを保管”を有効にするには、“メッセージ”の“環境設定”に移動し、“アカウント”をクリックしてから、“‘iCloudにメッセージを保管’を有効にする”を選択します。

iPhoneやiPadなどのiOS端末向けのiOS11.4アップデートでも追加された、「iCloudにメッセージを保管」機能が追加されています。

スポンサードリンク

「iCloudにメッセージを保管」を利用する場合は、メッセージアプリを起動して、メニューからメッセージ環境設定をクリック。iCloudにメッセージを保管にチェックを入れてください。

その他にも、メッセージアプリで特殊な文字列を含むメッセージを開くとクラッシュする問題の解消を含む、CVE-ID基準で32件の脆弱性が修正されています。

セキュリティアップデートの内容については、Appleのサポート記事「About the security content of macOS High Sierra 10.13.5, Security Update 2018-003 Sierra, Security Update 2018-003 El Capitan」で公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top