楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【Mac/PC】iTunes 12.7からiTunes 12.6.3に移行、インストールする方法

itunes_20171010_up (1)
スポンサードリンク

iTunes 12.7では、アプリの管理機能や着信音管理機能、App Storeなどの主要機能が削除されてしまいましたが、これらの機能が使用できる最新バージョンiTunes 12.6.3がリリースされています。

iTunes 12.6.3は、ライブラリの手動変更作業が伴うものの、既にiTunes 12.7にアップデート済みでもインストールすることができるバージョンになっています。

今回は実際にiTunes 12.7からiTunes 12.6.3に移行してみたので、その時の手順について書き残しておきます。

※ 今回の乗り換え作業は通常のアップデートと違い、既存ライブラリを変更する作業が伴います。
※ 誤操作によるライブラリの消失やエラー等に備えて、作業前の”バックアップ”をおすすめします。
※ iTunes 12.6.3をiTunes 12.7以降にアップデートするには、手動アップデートが必要になります。

iTunes 12.6.3のインストール手順について

  1. AppleのサポートページからiTunes 12.6.3のインストーラーをダウンロードし、install iTunesを起動。
    ※ Mac版、Win32bit版、Win64bit版が用意されています。
  2. 1_itunes_20171010_up

  3. インストーラーの指示に従って、インストール作業を進めていく。
  4. 2_itunes_20171010_up

  5. 途中システムパスワードを求められる場合は、パスワードを入力してソフトウェアをインストールをクリック。
  6. 3_itunes_20171010_up

  7. 手順1〜3でインストールを終えたら、iTunesフォルダ内のファイル「iTunes Library.itl」を適当な名前(bakup_2017_iTunes Library.itl等)にリネーム。
    ※ 念のためiTunes Library.itlをデスクトップ等、適当な場所にコピペしてバックアップしておくと尚安心。

    ※ iTunes Library.itlの場所
    Mac:ユーザー\ユーザー名\ミュージック\iTunes\
    Win:C:\ユーザー\[ユーザ名]\マイミュージック\iTunes\
  8. 5_itunes_20171010_up

  9. iTunesフォルダ内のPrevious iTunes Librariesフォルダを開き、iTunes 12.7アップデート適用前のライブラリファイル(iTunes Library yyyy-mm-dd.itl)をコピー。

    ※ iTunes Library.itlには、プレイリスト、再生回数、曲のレートなどの情報が保存されています。
    ※ 移行完了後はライブラリの中身がiTunes 12.7アップデート前の情報に巻き戻ります。
    ※ iTunes 12.7は2017年9月14日にリリースされています。選択するライブラリファイルの参考にしてください。
  10. 14_itunes_20171010_up_up (1)

  11. コピーしたライブラリファイル(iTunes Library yyyy-mm-dd.itl)をiTunesフォルダにペーストして、ファイル名を「iTunes Library.itl」にリネーム。
  12. 7_itunes_20171010_up

  13. 手順1〜3でインストールしたiTunesをMacの場合はOption、Windowsの場合はShiftを押下しながら、ダブルクリックして起動。
  14. 8_itunes_20171010_up

  15. 「iTunesライブラリを選択」が表示されるので、ライブラリを選択をクリック。
  16. 9_itunes_20171010_up

  17. 手順6でリネームしたiTunes Library.itlを選択して開く。
  18. 10_itunes_20171010_up

  19. iTunesライブラリのアップデートが開始されます。
  20. 11_itunes_20171010_up

  21. ライブラリのアップデートが完了すると、アプリの管理機能や着信管理機能、App Storeを利用できるiTunes 12.6.3が起動します。
  22. 12_itunes_20171010_up

  23. バージョン情報を確認すると、iTunes 12.7からiTunes 12.6.3に移行できていることを確認できます。
  24. 13_itunes_20171010_up

以上でiTunes 12.6.3への移行は完了です。もしiTunesでアプリの管理をされていたのであれば、iTunes 12.6.3に移行するのも良いかと思います。

ただし解説中に注釈を入れたように、ライブラリファイルがiTunes 12.7アップデート前に巻き戻るので、その点だけは注意してください。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top