楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone】iTunes 12.7のアプリにファイルを転送出来る「ファイル共有」の使い方

itunes_app_20170914_up (1)
スポンサードリンク

先日WindowsやMac向けに配信されている、iTunesがバージョン12.7アップデートが配信され、App Storeの削除、iTunesとiOSデバイス(iPhoneやiPad)のアプリ同期機能などが削除されました。

また今回の大幅なアップデートにより、”iPhone管理画面のサイドメニュー”も若干変更されており、iTunes(パソコン)からアプリにファイル転送、アプリの削除などが出来たメニュー「App」も削除されました。

iTunes 12.7の「ファイル共有」でアプリにファイルを転送する

旧バージョンのiTunesであれば、パソコンとiPhoneをLightning USBケーブルで接続し、iPhoneの管理画面のAppファイル共有から、アプリに対してファイルを転送することができました。

1_itunes_app_20170914_up

しかし最新のiTunes 12.7では、サイドメニューからAppの項目が削除され、ファイル共有といったメニューが新たに設けられました。

2_itunes_app_20170914_up

ファイル共有は、元々App内にあった機能と全く同じものとなっており、ファイルを~の書類に直接ドラッグ&ドロップすることで、ファイルを転送することができます。

3_itunes_app_20170914_up

ファイル共有機能が残ったのは救いですが、アプリのイメージファイル(.ipa)を直接吸い取ることができなくなりました。

ストアから取り下げられたアプリ(旧バージョンとか)でも、前もって保管しておけば簡単にインストールすることが出来たので、何とも残念。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top