楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【LINE】「乗っ取られた」とツイートするのは危険 – 更なる不正アクセスを助長するかも?

cat (1)
スポンサードリンク

LINEの乗っ取り対策として、先日PINコード設定が追加されました。
万が一乗っ取られた際に、TwitterやFacebook等で「乗っ取られた」と拡散する行為は危険かもしれません。

危険な理由

LINEの乗っ取り(不正アクセス)は、主に「リスト型アカウントハッキング」と呼ばれている物で、他WEBサービス等のIDやパスワードを入力し、ログインを試みる手法です。

乗っ取られた = ?

「乗っ取られた」と拡散してしまうと、「他サービスでも同じ情報使っています」とも受け止める事ができる(全員が全員では無いかもしれませんが)ので、使用している他サービスへの不正アクセスを助長する可能性があります。
実際にTwitter「LINE 乗っ取られた」と検索したところ、かなりの数がヒットしました。

乗っ取られた場合は?

万が一自分のLINEアカウントが乗っ取られたしまった場合は、すぐにLINEの問題報告フォームから連絡をしましょう。
報告してから2〜3時間でアカウントが凍結されるようなので、なりすましによる被害を最小限に抑える事が出来ます。

友人に教える時は

Twitterで誰でも閲覧できる状態のまま「乗っ取られた」と拡散するのは危険です。
友人に伝える時はメールやDMで直接連絡する事が一番良いかもしれません。
誰でも見れる状態で「乗っ取られました」は更なる被害を呼びかねないので控えましょう。

万が一アカウント情報が使い回しだったら..

LINEで乗っ取られたアカウント情報を他サービスでも使い回している場合は、他サービスでもパスワード変更等を行いましょう。
乗っ取られたアカウント情報と同じ情報を使い回す行為は危険です。

つぶやき

kogoto_prof
冒頭で紹介したPINコード設定は必ずしておくようにしましょう。
寧ろPINコードを設定しないとLINEの全機能が使えない..ぐらいの制限があっても良いような気もします。

参考:情報科学屋さんを目指す人のメモ

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top