楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【噂】2016年9月頃に4インチのiPhone 6cとA10チップを搭載したiPhone 7/Plusを発売か?

cat (2)
スポンサードリンク

これまで何度もAppleの新製品に関する予想を的中させてきた、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、信頼できるAppleのサプライチェーン筋から得た情報として、Appleが2016年に発売するであろうiPhone 6c(仮称)と、iPhone 7/Plus(仮称)に関するレポート(予測)を発表しています。

ちなみにMing-Chi Kuo氏は過去に..

  • iPhone 6sが3Dタッチディスプレイ搭載によって厚みが増す
  • 本体素材に7000番台のアルミニウムが採用される
  • iPad Proの発売と同時に感圧スタイラスペンを発売する

..など、様々な予測を的中させている人物です。

iPhone 6c(仮称)

現行機種iPhone 6の廉価モデルとも言えるiPhone 6c(仮称)は、ディスプレイが4インチとなり、本体はiPhone5cのようなプラスチック素材では無く、金属素材が採用されるとのこと。
なおプロセッサには、iPhone 6s/Plusに採用されたチップ「A9」が搭載されるようですが、3DタッチディスプレイはiPhone 6s/Plusとの差別化を図る為に搭載されない可能性が高いようです。
製造についてはFoxconnが担当し、2016年内に2,000万〜3,000万台の売上が見込まれるとのことです。

iPhone 7 / iPhone 7 Plus(仮称)

iPhone 7/Plusは、プロセッサに新型チップ「A10」が搭載されるようです。
現行機種のiPhone 6/Plusの違いはカメラの光学手ブレ補正程度でしたが、Phone 7/Plusでは、RAM(メモリ)が機種によって大きく異なり、iPhone 7が2GB、iPhone 7 Plusが3GBとなる可能性があるとのこと。

ディスプレイサイズについては、iPhone 6とiPhone 6 Plusと違いが無いようで、iPhone 7が4.7インチ、iPhone 7 Plusが5.5インチとなっています。
なお厚みについては若干薄くなるようで、iPhone 7についてはiPad Air2並の6mm程度となるようです。
もし今回の予測が的中するのであれば、これまでよりも通常機種と上位機種の差別化が進みそうです。

注目を浴びているMing-Chi Kuo氏の予測

過去の実績もあることから、国内外でMing-Chi Kuo氏の今回の予測が注目されています。
今回のレポートも「有り得そう」と思えるような、どこか現実味があるようにも感じます。

ちなみに発売時期ついては、iPhone 7/Plusが2016年9月、iPhone 6cはiPhone 7と同時期とされていますが、一方で米メディア Apple Insiderは、独自に得た情報として「iPhone 7の発売日はこれまでのサイクル(9月)よりも早まる」とも伝えています。
(発売サイクルが戻るといった噂は過去に何度も出ては外れているので、個人的にはあまり信じていません。

今回のMing-Chi Kuo氏による予測も Apple Insiderの発売サイクルの変更の件も、当たっているかどうかは”Appleのみぞ知る”ですが、果たしてどのような新型iPhoneがいつ発売されるのか楽しみですね。
これから徐々にiPhone 7に関する予測やリーク情報が話題となる機会が増えてきそうです。

※当記事の内容はAppleが発表したものでは無く、予測(噂)に基いて執筆した記事となります。

参考:AppleInsider(1) / AppleInsider(2) / 9To5Mac

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top