楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone 6s】iOS9にForceTouch(感圧タッチ)に関するコード記述が見つかる

cat (1)
スポンサードリンク

早ければ9月中旬にもリリースが噂されているiOS9のベータ版に、ForceTouchに関するコード記述が見つかったとiOSデペロッパのHamza Sood氏が伝えています。
これまでiPhone 6s向けとされる感圧タッチモジュールの生産などのもあることから、iPhone 6sに感圧タッチが搭載される可能性がより高くなったと言えそうです。

見つかったコード

コードを書き起こしたもの。

void * – [_UITextSelectionsSettings enableDeepPress](void * self, void * _cmd) {
   rax = self->_enableDeepPress;
   return rax;
}

赤字にしている「enableDeepPres」は、「深く(強く)押すがオン」などと読み取れることから、AppleがiOS9で感圧タッチらしき操作を試みているのは間違い無さそうです。
ただ、実際にiPhone 6sに感圧タッチディスプレイが採用されているのかというと、それはまた別の話になります。

iOS8のときに見つかった「_insertMultipleAppDisplayLayout」

iOS8の時には、iPad向けのスプリット・スクリーン(画面分割)機能に関すると思われるコード「_insertMultipleAppDisplayLayout」が見つかり話題になったものの、結局iOS8では開発が間に合わなかった為に、正式機能として採用されることはありませんでした。

img via:

img via:9To5Mac

このことから、iOS自体に新機能に関するコードが記述されていたとしても、それが必ずしも正式機能として採用される訳では無いので、感圧タッチらしきコードの記述だけで「iPhone 6sに感圧タッチが搭載される」と決めるのは少し気が早いかもしれません。
ただ、実際に感圧タッチらしきコードがiOS内に記述されていたことは事実なので、これまでの感圧タッチ搭載に関する噂がより現実味を帯びたことには違いは無いと思います。

なおiPad向けの新機能スプリット・スクリーン(画面分割)については、iOS9から利用できることがアナウンスされています。

感圧タッチで何が出来る?

iPhone 6sに搭載されるとされている感圧タッチは、主にiOS機能へのショートカットが出来るようになるとされています。
例えば、マップ上のポイントを強く押すことで、面倒な操作を一切抜きにして即ルート案内が始まる..などが挙げられます。
「感圧タッチで出来るようになること」については、以下の記事で紹介しているので、気になる方は是非ご覧ください。

【iPhone 6s】搭載が噂されているForceTouch(感圧タッチ)はiOS機能のショートカットが可能になる【iPhone 6s】搭載が噂されているForceTouch(感圧タッチ)はiOS機能のショートカットが可能になる
意外と便利になるかもしれないForceTouchの可能性。

つぶやき

kogoto_prof
実際にiPhone 6sに感圧タッチが搭載されるかどうかは、9月中旬に恐らく発表されると思います。
iOS9も恐らく同発表になると思います。
どんなiPhone、iOSになるのか楽しみですね。

参考:Cult of Mac(enableDeepPressの件) / 9To5Mac(_insertMultipleAppDisplayLayoutの件)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top