楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone 6s】搭載が噂されているForceTouch(感圧タッチ)はiOS機能のショートカットが可能になる

cat
スポンサードリンク

9To5MacがPhone 6sに搭載が噂されているForceTouch(感圧タッチ)機能には、iOSの様々な機能のショートカットが割り振られると情報筋から得た情報として伝えています。
既にForceTouch機能が搭載されているMacBookで利用できる一部のForceTouchジェスチャも利用できるようです。

iPhone 6sのForceTouchでは何ができる?

マップアプリ

th_IMG_1727
マップアプリでは、ForceTouchを利用することで今よりもスムーズに経路案内ができるようになります。
現在は目的地までの経路を調べようとすると、住所を検索するかマップを直接タップしてピンを落として「ここへの道順」や「経路」などといったボタンをタップして何度も画面を移動する必要があります。
iPhone 6sでは目的地を強くタップするだけで、面倒なこれらのボタン操作を省略してすぐに経路案内を始めることができます。

ミュージックアプリ

th_IMG_1729
ミュージックアプリでは、曲項目右横に表示されている「・・・」ボタンに割り振られている各種機能がForceTouchに割り振られるようです。
例えば、リスト上の項目を強くタップすることで、プレイリストへの追加やオフラインで再生が可能になるダウンロードが出来るようになります。

Mac BookのForceTouchジェスチャ

th_apple-laptop-notebook-notes-large
iPhone6sに搭載されるForceTouchには、最新のMacBookで使用可能な一部のForceTouchジェスチャも利用可能になるようです。
例えば、Safariでリンクを強くタップすると遷移先のプレビューを表示することが出来たり、電話番号やアドレスを強くタップすると、内容と一致している連絡先のプレビューが表示されます。
他にも単語を強くタップするだけで、辞書を引いた結果も表示されるようです。

iOSでも利用できそうなジェスチャ

Appleが公開しているMac BookのForceTouchジェスチャの中から、これまで挙げてきた3つ以外でiOS版ForceTouch機能に割り振られそうなショートカット抜粋してみました。

  • 住所:住所を強めにクリックすると、その場所の地図のプレビューが表示されます。
  • イベント:日付やイベントを強めにクリックして、それらをカレンダーに追加できます。
  • 伝票番号:Safari やメールで伝票番号を強めにクリックすると、ポップオーバーに配達状況が表示されます。
  • メール:画像や PDF ファイルを添付したメッセージの作成時に、添付画像や添付ファイルを強めにクリックすると、マークアップが有効になります。これで、添付ファイルに注釈を加えることができます。
  • メッセージ:サイドバーでスレッドを強めにクリックすると、具体的なやりとりの内容と添付ファイルを確認できます。チャットの見出し部で相手のトークンを強めにクリックすると、相手の連絡先カードがポップオーバーに表示されます。
  • リマインダー:リマインダーを強めにクリックすると、詳細情報が表示されます。
  • カレンダー:既存のイベントを強めにクリックすると、詳細情報が表示されます。会議出席者を強めにクリックすると、出席者の連絡先カードがポップオーバーに表示されます。

引用:Apple 感圧タッチトラックパッドの使い方

アプリ内部機能へのショートカット

th_IMG_1731
こちらはテスト中の機能になるのですが、ホーム画面のアプリアイコンを強くタップすることでもアプリ内の各種機能にショートカットが出来るようです。
例えば、ホーム画面にある電話アプリを強くタップすると、本来は起動後にメニューからタップする必要がある留守番電話機能などにスムーズにアクセスができます。
これは他の標準アプリも対応するようで、従来であればアプリ内のメニューボタンなどをタップする必要がある機能にショートカットが出来るようになるようです。

つぶやき

kogoto_prof
これらの情報が正しければ、iPhone 6s / iPhone 6s Plusでの操作性がグッと向上しそうな気がします。
具体的にForceTouchで何ができるかは、早ければ9月中に行われるとされているAppleの発表イベントで明らかになると思います。
発表が待ち遠しいですね。

参考:9To5Mac

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top