楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【流出】iPhone 6sとiPhone 6s PlusのCADを3Dレンダリングした動画がYoutubeで公開される

cat
スポンサードリンク

iPhoneのケースを製造するサードパーティー向けに配布されている、iPhone 6sとiPhone 6s Plusと思われるCADを3Dレンダリングした動画をuSwitchがYoutubeで公開しています。
動画によって、既存のiPhone 6とiPhone 6 Plusに比べると若干サイズが大きくなるものの、基本的なデザインは変わらないことが判明しました。

公開された動画

今回Youtubeで公開された動画はコチラです。

サイズの変化

2015-08-01 10.16.53 (1)

uSwitchの公開した動画記事によると、新モデルであるiPhone 6sやiPhone 6s Plusは既存のiPhone 6やiPhone 6 Plusに比べて若干サイズが大きくなっているようです。

  iPhone 6 iPhone 6s iPhone 6 Plus iPhone 6s Plus
高さ 138.1㎜ 138.342㎜ 158.1㎜ 158.254㎜
67.0㎜ 67.913㎜ 77.8㎜ 78.754㎜
厚さ 6.9㎜ 7.104㎜ 7.1㎜ 7.3㎜

※ 厚さはカメラレンズ抜きです。

サイズの比較をすると、iPhone 6s、iPhone 6s Plus共に全体的に寸法が大きくなっていることがわかります。
何のパーツが影響して寸法サイズが変わったのかは不明ですが、もしかすると今朝お伝えした感圧タッチモジュールの生産の件と何か関係があるかもしれませんね。
iPhone 6やiPhone 6 Plusには搭載されていない感圧センサーが新たに搭載されるのであれば、双方のモデルで0.2mm程度厚くなってもおかしくない気がします。

大きなデザインの変化は無さそう?

2015-08-01 10.59.47 (1)
寸法のサイズ変化も若干変わる程度ですし、iPhone 6s系と思われるCADを3Dレンダリングした動画を見ても、デザインが既存のiPhone 6系と変わることは無さそうです。
ただ、カラーラインナップについては未だ明確な情報が無い為、噂されていた新色ローズゴールドがどうなるのかが気になるところです。

つぶやき

kogoto_prof
iPhoneを薄くすることに力を入れてきたAppleが、あっさり0.2mmも厚くしてしまうことに少し驚きました。
0.2mm厚くなることも許容出来る何かが搭載される..という事ではあると思います。
アクセサリのサードパーティー向けに配布されているCADファイルということなので、この3DモデリングされたCADファイルが本物であるかぎり、このサイズで確定となりそうです。

画像出典及び参考元:Youtube / uSwitch via 気になる記になる

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top