楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

iPhone 6sやiPhone 6s Plusの防水性が増したから浸水させて良い訳では無い

cat (1)
スポンサードリンク

先日、友人から「iPhone 6sって防水になったの?」と聞かれたので、なぜ防水になったのかと思った理由を聞いてみると、某大手メディアで紹介されていたiPhone 6sを浸水させた動画を見たとのことでした。
添付されてきたYouTubeのURLを開いてみると、iPhone 6sで浸水テストをしている2つの動画でした。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusの防水性は確かに増していますが、「浸水させても良い」は間違いなので、その理由を解説します。

1時間浸水させた実験動画

48時間浸水させた実験動画

iPhone 6sやiPhone 6s Plusを浸水させてはいけない理由

“完全防水”では無い

iFixitによる分解レポートで、iPhone 6sやiPhone 6s Plusには、画面と本体の間にガスケットが追加され、基板部にはシリコン製のカバーが追加されたことが判明しています。
今回の防水性が増した理由もこれらの影響です。

img via iFixit

img via iFixit

img via iFixit

img via iFixit

ディスプレイと本体の隙間からの浸水や、基盤がある程度水滴に強くなったのは事実ですが、スピーカーやLightning端子、マイクなどには一切浸水対策が施されておらず、内部まで水が浸水します。

スポンサードリンク

この件については、iFixYouriが検証しており、こちらの画像を見ると内部に水滴があることがわかります。

img via iFixYouri

img via iFixYouri

水没の判定は液体侵入インジケーター(LCI)

iPhoneが水没したかどうかは、SIMトレイ内部にある「液体侵入インジケーター(LCI)」で検知できるようになっています。
iPhone 6sやiPhone 6s Plusの画面が損傷してしまっても、通常は14,800円/16,800円で修理が出来ますが、LCIが反応していると保証対象外修理となるので、34,800円/38,800円での修理になります。
安易に水没させると、このように高額な修理代金が必要になるケースが考えられます。

※ AppleCare+に加入しているのであれば、iPhone 6sまたはiPhone 6s Plusの場合は11,800円での修理が可能。

img via

img via Apple

まとめると..

iPhone 6sとiPhone 6s Plusは完全防水ではありません。
防水性が増したのは事実ですが、一度浸水させてしまうと、画面損傷などで修理に出した際に保証対象外修理となる可能性が高いので、水廻り(お風呂など)でiPhoneを利用する場合は、これまで通り防水ケースなどのアクセサリを利用する必要があります。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top