楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【最新版】iPhoneとApple Watchのバックアップを同時に行う方法

cat (1)
スポンサードリンク

今回は、iPhoneとApple Watchのバックアップを同時に行う方法を解説します。
iPhoneのバックアップを作成する際に、Apple Watchのペアリングは解除していますか?
もし一度もApple Watchのペアリングを解除したことが無いのであれば、特に注意が必要です。

Apple Watchのバックアップにはペアリング解除が必要

毎日時計感覚でApple Watchを装着していると、Apple Watch自体のバックアップをどうしても忘れがちです。
そもそも「時計をバックアップする」という感覚が慣れませんよね。

Apple Watchは、iPhoneとのペアリングを解除した時にiPhoneのストレージ内にバックアップデータを作成するので、もしAppl Watchを購入してから一度もペアリングを解除したことが無いのであれば、ペアリング済みのiPhoneを機種変更や修理交換してしまうと、Apple Watchのデータが全て利用できなくなります。

Apple Watchを使っている人向けのiPhoneバックアップ方法

まずiPhoneとApple Watchのペアリングを解除する必要があります。
ペアリングを解除する際は、必ずiPhoneとApple Watchが通信状態である時に解除してください。

なお、Apple Watchの下記データはバックアップされないので注意してください。

  • Bluetoothアクセサリのペアリング情報
  • Apple Payで使用したクレジットカードやデビットカード情報
  • Apple Watchのパスコード
  • Apple Watchに同期した音楽プレイリスト

iPhoneのWatchアプリを起動して、メニューから「Apple Watch」→「Apple Watchのペアリングを解除」→「XXのApple Watchとのペアリングを解除」
th_1

Apple IDのパスワードを入力して「ペアリング解除」をタップ。
th_2

iPhoneのバックアップを作成

ペアリングの解除が済んだら、次にiPhoneのバックアップを作成してください。
Apple Watchのペアリング解除時にiPhoneにバックアップデータが作成されているので、iPhoneのバックアップを作成することがApple Watchのバックアップを作成することに繋がります。

パソコンが有るか無いかで手順が大きく異るので、次の自分の環境に適している記事を参考にしてください。

iTunesでiPhoneのバックアップをする方法と購入した項目の転送方法【最新版】iTunesでiPhoneのバックアップをする方法
PC(iTunes)を使ったバックアップ方法を解説

【最新版】iCloudでiPhoneのバックアップをする方法【最新版】iCloudでiPhoneのバックアップをする方法
パソコンが無い場合はコチラの方法で。

Apple Watchと再ペアリング

iPhoneのWatchアプリで「ペアリングを開始」をタップ。
th_3

Apple Watchの「ペアリングを開始」をタップ。
th_4

iPhoneのWatchアプリでApple Watchの画面を読み込み、「バックアップから復元」→「最新のバックアップ」の順にタップ。
th_5

Watchアプリに表示される利用規約を読み進めて、Apple IDのパスワードを入力。
th_6

自動送信の設定やApple Watchのパスコード設定をする。
th_7

Apple Watchとの同期が始まります。
th_8

同期が終了次第、iPhoneとApple Watchを通常使用することができます。
iTunesでiPhoneのバックアップを作成した時に、Apple Watchも自動でバックアップされれば良いのですが、しばらくはペアリングを都度解除せざる必要がありそうです。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 最近、以下の手順で復元を行いました。

    ・iPhone旧機種でiCloudバックアップが出来る。
    ・iPhone新機種にそのバックアップを復元。
    ・Apple Watch Appでペアリング解除
    ・Apple Watchをリセット。
    ・ペアリングを行い、ペアリング解除した時間に出来たApple Watchバックアップがあるのでそれで復元。

    この手順でも一応、旧機種からインストールされているApple Watch対応アプリのiPhoneとApple Watchの連係はできているようですが、アプリによるのでしょうか。
    納得いく手順はおそらくご説明の手順かとは思います。

    • コメントありがとうございます。

      ※ 旧機種:iPhone 6 新機種:iPhone 6sとします。

      1.iPhone 6でiCloudバックアップを取る。
      2.iPhone 6sでiPhone 6のiCloudバックアップを復元。
      3.iPhone 6とApple Watchのペアリング解除。(この時点でiPhone 6にバックアップが作成される)
      4.Apple Watchをリセット。(初期化)
      5.Apple WatchとiPhone 6sをペアリングすると、バックアップの復元候補に手順3のデータが保持されている。
      といった認識で齟齬は御座いませんでしょうか?

      仮にこの通りなのであれば、本来であれば最新のApple Watchのバックアップは旧機種であるiPhone 6に残ったままなので、iPhone 6sには通常データは移行されないはずなんですが..( •̀ㅁ•́;)

  2. 言葉不足でした、すみません。
    3番も5番も、新機種側のiPhoneで行いました。
    つまり、
    Apple Watchのペアリング解除をせず旧機種iPhoneをバックアップ&リセットしてしまっても、新機種iPhoneの復元後にペアリング解除して復元すれば問題ないように思う
    といった事でした。

    • 追加コメントありがとうございます。
      iPhoneとApple Watchのバックアップには幾つか方法があるという認識のほうが良さそうですね。
      とりたこさんの方法も実際に試してみたいのですが、如何せん手元にまっさらなiPhoneが無く(ノД`)
      機会があればそちらの方法も試してみて、結果を追記します..!
      貴重な情報をコメントにて教えて頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top