楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPhone盗難防止】意外とフォトストリームが役に立つかも?

cam
スポンサードリンク

フォトストリームが防犯!?

海外でこのような事があったみたいです。

iPhoneが知らぬ間に盗難され、自宅に帰りフォトストリームを確認すると「犯人」が撮影した思われる写真が続々とアップロードされた。

びっくりですよね。
自宅に帰ってふとPCを立ち上げるとフォトストリームにどんどん写真が・・。
盗難した犯人がiPhoneのフォトストリーム機能の事を知らずに写真を撮影し、Wi-Fiに繋げたら顔写真ごと所有者に送信!
犯人もそんな事が出来るとは思っていなかったんでしょう。

カメラの位置情報がオンだったら?

カメラのExif(位置情報)を有効にして、フォトストリーム機能をONにして撮影してみました。
私の使っているMacで撮影時の場所も確認する事ができました。
GoogleMapでピンポイントな場所でした。
便利ながら怖いですよね。

万が一のため・・?

カメラの位置情報サービスを有効にし、フォトストリーム機能をONにすれば盗難されたiPhoneで撮影された場合、犯人の特定が容易ですね。
位置情報サービスが無くても、自動送信された写真も警察に届ければ!
本来のフォトストリーム機能の使い方ではありませんが、予防線としては充分使えそうな気がします。

フォトストリーム機能は
設定 -> 写真とカメラ -> 自分のフォトストリームをON
で有効に出来ます。

Exif(位置情報)って?

実はExifは撮影時の位置を割り出せる情報が含まれているので、デフォルトの設定のままTwitter等のソーシャルサービスに写真をUPすると身元がバレてしまうかもしれません。
詳しくは下の過去記事もご覧ください。

【iPhoneの写真から個人情報が漏れる】デフォルトの設定は危険!

参照元:Acid Cow 1 / 2

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top