楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPad】標準キーボードでフリック入力をする方法

flick
スポンサードリンク

今回はiPadの標準キーボードで、iPhoneでお馴染みの「フリック入力」をする方法をご紹介します。普段からパソコンよりもiPhoneを使う頻度が多い方であれば、ローマ字(QWERTY)配列よりも、フリック入力の方が快適にiPadを使えるかもしれません。

QWERTYキーボードをフリック入力に切り替える

「設定」→「一般」→「キーボード」→「キーボードを分割」をオンにする。
1_flick_up

「設定」→「一般」→「キーボード」→「日本語 – かな」が表示されていることを確認する。
※ 「日本語 – かな」が表示されていない場合は、「新しいキーボードを追加」から追加してください。
2_flick_up

キーボード左下の「地球儀キー」を長押しして、「日本語かな」に指を滑らせて離す。
3_flick_up

キーボード右下の「キーボードキー」を長押しして、「分割」に指を滑らせて離す。
4_flick_up

iPhoneと同じようにフリック入力をすることができます。
キーボードキーを上下にドラッグすると表示位置を変更することも可能です。
5_flick_up

フリック入力からQWERTYキーボードに戻す

キーボード右下の「キーボードキー」を長押しして、「固定して分割解除」に指を滑らせて離す。
6_flick_up

キーボード左下の「地球儀キー」を長押しして、「日本語ローマ字」に指を滑らせて離す。
7_flick_up

初期設定では出来ない便利な小技

便利な小技的な設定ではあるものの、少し残念なポイントがあります。

  • フリック入力のキーボードのサイズが少し小さい
  • 最下部にフリック入力キーボードを固定できない

この二つがどうしても気になるのであれば、ATOKあたりのサードパーティー製キーボードを検討してみても良いかもしれません。

ATOK -日本語入力キーボード
カテゴリ: ユーティリティ
¥1,600
※最新価格はAppStoreを確認して下さい。
App Storeからダウンロード

atok

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top