楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPad】「アプリ内のスワイプ操作」と「Slide Overの起動」を使い分ける方法

iPad_SlideOver (1) (1)
スポンサードリンク

iPadでSafariを使っていると、画面右端から左にスワイプして「進む」をしようにも、マルチタスク機能の一つである”Slide Over”が起動してしまい、思ったように操作が出来ないことってありませんか?

以前そんな悩みを解決すべく、Slide Overそのものをオフにして横スワイプを快適にする方法を解説しましたが、今回はマルチタスク機能がオンの状態で「アプリ内のスワイプ操作」と「Slide Overの起動」を使い分ける方法が分かったので解説します。

【iPad】Safariで左スワイプ(進む)がマルチタスク機能により出来ない時の対処方法【iPad】Safariで左スワイプ(進む)がマルチタスク機能により出来ない時の対処方法
Slide Overそのものをオフにしてスワイプ操作を快適にする方法。

「スワイプ」と「Slide Over」を使い分ける

Safariで検証してみると、画面右端のスワイプを開始する位置によって”アプリ内のスワイプ操作”と”Slide Overの起動”の使い分けが出来ることがわかりました。具体的には次の方法で使い分けることが出来ます。

  • 下記画像の上下緑枠で囲った右端上下部分を左にスワイプすると、アプリ内のスワイプ操作
    ※ Safariであれば”進む”
  • 下記画像の橙枠で囲った右端中央を左にスワイプすると、Slide Overの起動

1_SlideOver_up (1)

こう解説してみると非常にシンプルな方法ではあるものの、無意識に同じ場所をスワイプしがちになるので、意外と気が付きづらい操作かもしれません。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top