楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iPad】スクリーンショットの撮影がしづらい時はAssistive Touchを活用しよう

013_iOS9 2
スポンサードリンク

iPadでスクリーンショットを撮影しようとすると、意図せずスリープモードになってしまった経験はありませんか?iPadはホームボタンとスリープボタンの位置が遠いので、どうしても同時押しがしづらいですよね。そんな面倒なスクリーンショットの撮影は、アクセシビリティの「Assistive Touch」を活用することで、ずっと楽にスクリーンショットを撮影することが出来ます。

..Twitterでも度々見かけるこの悩み。

iPadで更に輝く「スクリーンショットを1タップ撮影する方法」

今回の解説には、iOS 9がリリースされて間もない頃に解説した「iPhoneでスクリーンショットを1タップ撮影する方法」を活用します。iPhoneでも十分便利な小技ですが、iPadだと尚光り輝きます。

【iOS9】AssistiveTouchを使ってスクリーンショットを1タップで撮影する方法【iOS9】AssistiveTouchを使ってスクリーンショットを1タップで撮影する方法

Assistive Touch設定手順 for iPad

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」→「-」(アイコンを1個まで減らす)→「カスタム」→「スクリーンショット」の順にタップ。
1_Assistive Touch_up

上記設定をすると画面に丸いボタンが表示されるので、ボタンをタップすることで1タップでスクリーンショットの撮影が出来ます。
2_Assistive Touch_up

ボタンが常時表示されるのは正直邪魔

常に画面にAssistive Touchのボタンが表示されていると、動画鑑賞やイラスト作成、ゲームをプレイするときに邪魔ですよね。そんな時は次の設定をすることで、ホームボタンを3度押すだけで表示をオンオフ切り替えることが出来るようになります。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ショートカット」→「Assistive Touch」を選択。
3_Assistive Touch_up

「iPadが大きくてスクリーンショットの撮影が思った以上に面倒..」そんな方は是非お試しください。

コメント0件

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top