楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS9】Siriに自宅や近所のスーパーに着いたらリマインダーで通知して貰う便利な小技

cat (1)
スポンサードリンク

今回はiPhoneで、Siriとリマインダー組み合わせた便利な小技をご紹介します。
これから解説する設定をすることで、Siriに「自宅に着いたらカレーを作るとリマインド」と声を掛けると、自宅付近に到着した際に「カレーを作る」といったリマインダーを通知することができるようになります。

この技を応用すると、「いつものスーパーに着いたら卵を買うとリマインド」のように、具体的な住所を一切伝えずにSiriにお願いすることもできます。

基礎編:Siriに自宅の住所を登録しよう

まずSiriに自宅の住所を登録する必要があります。

標準アプリ「連絡先」で自分の連絡先カードを作成してください。
その際は、必ず「自宅」の項目に正しい住所(番地まで)を入力するようにしてください。
th_1

iPhoneの「設定」→「Siri」→「連絡先」をタップし、先程作成した自分の連絡先カードを選択してください。
th_2
以上で自宅住所の登録は完了です。

通知をお願いする時は、ホームボタンを長押ししてSiriを起動させ「自宅に着いたらXXXとリマインド」と声を掛けてください。
※ 「リマインダーに自宅に着いたらXXXを登録」などでも大丈夫です。
th_3

目的地の半径100メートル範囲に入ると、リマインダーの通知が届きます。
th_7

応用編:「スーパー」を登録する

連絡先アプリで姓にSiriにお願いする名称自宅にお店の住所を入力した新規連絡先を作成することで、Siriに「近所のスーパーの住所は北海道札幌市白石区」のように、名称と住所を紐付けて登録することができます。

例えばSiriに「近所のスーパーで卵を買う」といったフレーズでお願いするのであれば、

  • 性:近所のスーパー
  • 性の読み:きんじょのすーぱー
  • 自宅:(スーパーの住所)

..と入力する必要があります。
th_4

下記連絡先カードの例だと、Siriは「スーパー」の住所を「北海道札幌市白石区〜」と認識するようになっています。
th_5

Siriに「スーパーに着いたらXXXとリマインド」とお願いするだけで、先程登録した住所の半径100mに到着した際に、リマインダー通知が届くようになります。
th_6

うっかりとした買い物忘れを防ぐことができるので、是非使ってみてくださいね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top