楽しくiPhoneライフ!SBAPP

Apple製品全般の最新情報やアプリのレビューを毎日お届け!

【iOS9】Wi-Fiアシストの動作要件がサポートドキュメントの公開により明らかに

cat
スポンサードリンク

本日AppleがiOS9で搭載された新機能「Wi-Fiアシスト」関するサポートドキュメントを公開し、詳しい動作要件が明らかになりました。
Wi-Fiアシストは、Wi-Fiの電波強度が弱い時にモバイルデータ通信に自動的に切り替える機能ですが、何やら全てのアプリで動作する訳では無いようです。

Appleが公開したWi-Fiアシスト動作要件

  • Wi-Fi Assist will not automatically switch to cellular if you’re data roaming.
  • Wi-Fi Assist only works when you have apps running in the foreground and doesn’t activate with background downloading of content.
  • Wi-Fi Assist doesn’t activate with some third-party apps that stream audio or video, or download attachments, like an email app, as they might use large amounts of data.

ざっくり意訳すると..

  • Wi-Fiアシストは、データローミング通信をしている際は動作しない。
  • Wi-Fiアシストは、操作しているアプリに対してのみ動作する。
    (バックグラウンドで動作しているアプリには動作しない。)
  • Wi-Fiアシストは、モバイルデータ通信量が多く発生する、音楽や動画のストリーミング再生、メールの添付ファイルのダウンロードなどに対応しているサードパーティ製アプリでは動作しない。

これらの動作要件を見る限りでは、iPhoneの標準アプリ「マップ」「Safari」「ミュージック(Apple Music)」などで、Wi-Fiアシストが動作するということになります。

モバイルデータ通信量を抑えたいならオフに

Appleは、Wi-Fiアシストはモバイルデータ通信量の少ない割合を使用してしまうので、モバイルデータ通信量を抑えたい場合は、設定からWi-Fiアシストをオフにするよう案内しています。
具体的な設定手順は以下の通りです。

iPhoneの「設定」→「モバイルデータ通信」をタップ。
th_IMG_3428

モバイルデータ通信の設定画面下部にある「Wi-Fiアシスト」をオフにする。
th_IMG_3429

LINE MUSICやYoutubeなどのストリーミング再生アプリでは、Wi-Fiアシストが動作しないことが明らかになりましたが、結局のところモバイルデータ通信量の削減するには、やはりオフにした方が良さそうです。
iOS9でモバイルデータ通信量を抑える設定方法は以下の記事で解説しています。

【iOS9対応】iPhoneのデータ通信量を減らす9つの節約設定【iOS9対応】iPhoneのデータ通信量を減らす9つの節約設定

参考:Apple About Wi-Fi Assist via 9To5Mac

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top